現代人が“いま”使いたい「薄い財布」 《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE

現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE
現代人が“いま”使いたい「薄い財布」|《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE

商品ストーリー

通勤しながら、外回りしながら、仕事のアイデア出し……そんな時は、頭も手もフリーにしていたい。

忙しい私たちのために生まれた「薄い財布」、ALBERTE。デザイナーで、代表の仲垣友博氏は、建築を学んだ経験から、財布の設計を見直しました。

財布の「フタ」を省いた、引き算の設計。カードは“見える化”しながら美しく収納。

カードもお札も、ワンアクションで取り出せて、ジャケットのポケットにすんなり収まる薄さ

無理なくミニマムを極めた、「薄い財布」の傑作です。


「フタ」を省いて、支払いも収納もスマートに

無理なくミニマムを極めた、「薄い財布」の傑作(札入れ)|ALBERTE

私たちが、当り前に思い込んでいた「財布のフタ」。

デザイナーの仲垣友博氏が、「実は、フタに機能はない」と気づいたところから、ALBERTEの設計は始まりました。

フタを省いて、財布の中を「見える化」することで、薄さと収納性を両立。新しい財布を生み出しました。

薄さと収納性を両立した、支払いも収納もスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE

従来の財布の使い方は、

「フタを開く」
「カード・紙幣を出す」
「フタを閉じる」

でしたが、ALBERTEは、いきなり

「カード・紙幣を出す」

ワンアクションのみ。

フタがない分、薄いのでスムーズに取り出せるし、カードや紙幣がひと目でわかります。

カードを見える化、カードや紙幣がひと目でわかる革財布(札入れ)|ALBERTE

ジャケットのポケットに入れても、服の形が崩れにくい薄さ

あなたの動きも思考も、スマートにしてくれる美しい薄さの革財布(札入れ)|ALBERTE

あなたの動きも思考も、スマートにしてくれる、“美しい薄さ”です。


カードも現金も十分に入る、薄い「札入れ」

従来の「薄い財布」のなかには、収納スペースを削り過ぎて、十分なカードやお金が入らない、かえって使いにくいものもあります。

ALBERTEの「札入れ」なら、収納性も◎

①“見える化”したカードポケット

“見える化”したカードポケット|カードを見える化、支払いも収納もスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE

財布の外側に、3つのカードポケットを配置して、“見える化”した設計

一番手前のポケットは、台形にカットした2枚の革を中央で重ねた「鱗片(りんぺん)ポケット」

それぞれの革が手前に大きく開くから、よく使うカードを取り出しやすい形状です。真ん中と後ろのポケットにも、中央にV字の切り口つきなので、カードをつかみやすくなっています。

②マネークリップ感覚の紙幣入れ

マネークリップ感覚の紙幣入れ|カードを見える化、支払いも収納もスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE

二つ折りにした紙幣を、上から直接差し込めるポケット構造。スナップボタンつきのベルトで留めておけるので、紙幣はまず落ちません。

ボタンを外せば、札入れのサイドが広がって、より紙幣を出し入れしやすくなります。

紙幣を15枚入れても、財布本来の薄さはほとんど変わりません。マネークリップのように“挟んで収納”する感覚で、使いやすさを実感します。

③薄さと収納量を追求した硬貨入れ

薄さと収納量を追求した硬貨入れ|カードを見える化、支払いも収納もスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE
カード3枚、紙幣15枚、硬貨10枚を入れても、この薄さ

ファスナーを開くと、左側だけマチが広がる構造。右奥のマチを減らした分、財布自体の薄さはキープしつつ、硬貨10枚が余裕で入ります。

財布自体の薄さはキープしつつ、硬貨の過不足のないスペースを確保したスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE
ファスナーの裏側に、鍵を挟んで収納できる

統計学上、1,000円を支払った場合のおつりの硬貨は、平均3.15枚と言われています。

1日3回、1,000円札で買い物をしても、おつりの硬貨は平均9.45枚となり、硬貨は10枚以上にならないそう。

ALBERTEはこの統計を入れ込んで、過不足のないスペースを確保しているのです。

支払いをほとんどカードで済ませている方は、鍵などの小物入れとしても。


日本の職人技が実現した、美しい薄さ

こだわりの国産素材と日本の職人技が実現した、美しい薄さの革財布(札入れ)|ALBERTE

ALBERTEの美しい薄さは、こだわりの国産素材と日本の職人技から生まれています。

機能とデザインの両立を追求する仲垣氏と、革の細部までこだわる兵庫・姫路のタンナー(皮革産業)の思いが一致。極限の薄さ、洗練された色や質感を表現しました。

高級感のある財布のヘリ(端部分)|極限の薄さ、洗練された色や質感を表現した美しい革財布(札入れ)|ALBERTE
型押しを施した国産牛革、刻印入りのファスナートップが醸し出す高級感

財布のヘリ(端部分)は、0.1ミリ単位で丁寧に漉くことで、見た目も薄く感じるように仕上げています。

さらに、コバ(革の切断面)の仕上げにも、職人技が詰まっています。

職人技の詰まったコバ(革の切断面)の仕上げ|カードを見える化、支払いも収納もスマートな革財布(札入れ)|ALBERTE

革を縫い合せた後、液体状のビニールを塗り、その後、ヤスリをかけて滑らかにする――この作業を3層になるまで繰り返します。

この仕上げによって、表革との一体感が出て、洗練された美しさが生まれます。

パリやミラノのメゾンブランドが開発したコバ仕上げを、手間ひまかけて実践しているALBERTE。安価な財布には、まず見られない技術です。

全盛期の10分の1まで規模が落ち込んだ、日本の皮革産業を支えたいという仲垣氏の思いも込められています。

極限の薄さ、洗練された色や質感を表現した美しい革財布(札入れ)|ALBERTE

従来の財布で当り前だった「フタを開く」という動作。この動作を捨てることによって、導かれた機能美。ALBERTEの財布は、もはや「発明」と呼べるでしょう。

新発想の「薄い財布」で、支払いだけでなく、あなたの思考も動きもスマートに。


《商品仕様》

  • サイズ:横9.8×縦8.6×厚さ1cm
  • 重さ:41g
  • 素材:国産牛革

この商品に関する投稿

  • “挟んで”収納すれば、紙幣もカードも出し入れしやすい
  • 財布を使い分ける
  • 薄い財布の秘密

カラーを選ぶ

RED × DARKBROWN

RED × DARKBROWN

16,200円(税込)

BLACK × GREGE

BLACK × GREGE

16,200円(税込)

GREGE × NAVY

GREGE × NAVY

16,200円(税込)

YELLOW × NAVY

YELLOW × NAVY

16,200円(税込)

WHITE × YELLOW

WHITE × YELLOW

16,200円(税込)

GREGE×ICEBLUE

GREGE×ICEBLUE

16,200円(税込)

現代人が“いま”使いたい「薄い財布」 《札入れ》カードを“見える化”、支払いも収納もスマートな革財布|ALBERTE

  • 送料無料
  • ラッピング可能

倉庫出荷予定日: 2019年1月20日

TAKAHIRO KAKIYAMA

いらっしゃいませ!
商品について分からない事などありませんか?
商品の仕様や利用方法などお気軽にお尋ねください。

TAKAHIRO KAKIYAMA

この商品に関する記事

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ