毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー 漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り

毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り
毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー|漆職人の手塗りで仕上げた深い艶と手触り

このブランドの商品説明

しっとりとした深い艶。あたたかみのある滑らかな手触り。

撫でずにはいられない、独特の質感を放つ『URUSHIタンブラー』。敷居の高い存在だった「漆」をモダン化し、MONOCOがいま欲しいタンブラーを作っちゃいました。

真空二重構造のステンレス製タンブラーに、1500年の伝統を背負う「越前漆器」職人が、ひとつひとつ手塗りで漆を施し蒔絵をあしらった贅沢すぎる仕上がり。

1500年の伝統を背負う「越前漆器」職人が、ひとつひとつ手塗りで漆を施し、蒔絵をあしらった贅沢すぎる仕上がりのステンレスボトル(タンブラー)

デザインは2種類。「漆黒」モデルは、一杯のコーヒーでOFF→ONモードへ切り替える、おじいさんのイラストが蒔絵に。「朱赤」モデルは、ラテを飲んで“LATTE IT BE!”(笑)な気分になるコーヒービーンズ柄。

天然の漆だからこそ滲み出る“貫禄”を、コーヒーと一緒に味わってください!


漆器職人が手塗りで仕上げた“撫でたい”肌艶

コクのある色艶に吸い寄せられて、思わず撫でてしまう、漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

コクのある色艶に吸い寄せられて、思わず撫でてしまうURUSHIタンブラー。それもそのはず、漆職人がひとつひとつ手塗りし、1本につき8〜11日間もの時間をかけて仕上げているのです。

1本につき8〜11日間もの時間をかけて仕上げている、漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
タンブラーに下塗り後、1〜2日乾燥させて、ろくろで研ぎを行います。

日常から遠い存在となってしまった「漆」を、毎日のコーヒーブレイクに欠かせないモダンな「タンブラー」に。MONOCOがいま欲しいものをカタチにしたら、異色のコラボタンブラーが完成しました。

「漆」を、毎日のコーヒーブレイクに欠かせないモダンな「タンブラー」に

真空二重構造のステンレス製タンブラーに漆を纏わせる、という新しい発想と技術をかなえたのは、福井県鯖江市にある『土直漆器』。

1500年もの「越前漆器」の伝統を背負いながら、常に自由で新しいアイデアに挑み続ける漆工房として注目を集めています。

福井県鯖江市にある『土直漆器』|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

漆は、“生きている”天然塗料。空気中の水分を取り込んでから乾くという性質があるので、湿度が高いほどよく乾き、一度乾くと強固な物質に変化します。

ちょっとした湿度や気温の変化で仕上がりが左右されるから、常に漆と向き合い、見極め続ける必要があります。

常に漆と向き合い、見極め続ける必要がある漆|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

漆の上塗り後の乾燥は3〜5日間。そこに職人の技術と経験値がなければ、美しく乾かし、完成させることもできません。

乾固させてもその中で酵素が生き続ける漆は、長く使うほどに色艶の透明度が増し、鮮やかに育っていきます。ずっと触っていたくなる柔らかな肌艶も、あなたが大切にすればするほど美しく経年変化していくのです。

大切にすればするほど美しく経年変化していく漆|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

優れた抗菌作用を持つのも漆の特徴。昔から漆が食器に使われてきたのは、とても理に適っていることなんですね。

いつものコーヒータイムが上質な時間に変わる、漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

「器で味わいが変わる」と言われるように、このURUSHIタンブラーで飲むコーヒーは格別。いつものコーヒータイムが上質な時間に変わります。


「割り箸」で描かれたスタイリッシュな蒔絵

「割り箸」で描かれたスタイリッシュな蒔絵を施した、漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

MONOCOのこだわりは、漆×和柄ではなく、コーヒーブレイクに相応しいスタイリッシュなアートを掛け合わせることでした。

漆をモダンに昇華させるRina Iwaiのオリジナルイラスト|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

蒔絵の原画を手掛けたのは、ウィットに富んだ軽やかさが絶妙な絵を「割り箸」と「墨」で描く、Rina Iwai。NYで活動後、広告、店舗ビジュアル、プロダクト、雑誌、書籍など、国内外で活躍するイラストレーターです。

イラストレーターRina Iwaiのイラスト作品|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
イラスト/Rina Iwai

「日本の道具(箸と墨)を使って絵を描いてきたけれど、“和”の仕事ははじめて」という彼女と、コーヒーブレイクにちなんだアイデアを出し合いながら2つのモデルを考案。漆をモダンに昇華させる、オリジナルイラストが仕上がりました。

スタイリッシュなアートを作るRina IwaiのRinaの画材|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
Rinaさんの画材。墨汁をつけた割り箸を、紙の上でトントンと墨の量を調整しながら、サラサラと描き上げていきます。

土直漆器の「蒔絵」職人によって、Rinaさんの原画で凹版を作成。版に乗せた塗料をシリコンパッドに一次転写した後、タンブラーへ二次転写。その後、金粉を紛蒔して蒔絵を完成させています。

完成したサンプルを見て驚いたのは、割り箸で描かれた微妙なニュアンスまで再現されていたこと。職人の技術の高さに、しばらく見惚れてしましました。

【漆黒】
漆黒×ON&OFFおじいさん|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
生漆に鉄粉を加え、その酸化作用で深みのある「漆黒」が出来上がります。

胸に「DAYDREAMER(空想中)」のロゴを刻んだ、OFFモードのおじいさん。タンブラーをひっくり返せば、ONモードのビジネスマンに。

仕事熱心なMONOCO読者の皆さんなら、誰の言葉かご存知だと思いますが(笑)、“Stay focused & Keep shipping!”(余計なことに気を取られず、世の中に成果を提供し続けよう!)という名言を想い起こすメッセージも添えられています。

ユーモアのあるスタイリッシュな漆黒の漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

さぁ、一杯のブラックコーヒーを飲んで「Keep shipping!」。

【朱赤】
朱赤×ラテ&コーヒービーンズ|漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
朱合い漆に朱の顔料を加えて作られた奥行きのある「朱赤」。

コーヒービーンズは赤い果実。ということで、こちらのモデルには漆らしい朱赤を選びました。

ユーモアのあるスタイリッシュな朱赤の漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

コーヒーブレイクの合言葉は、「Let it be!」ではなく、「Latte it be!」。ラテを飲んでひと息入れれば、“なるようになるさ!”な気分に。お疲れモードなあの人へ、メッセージ付きギフトとしても喜ばれそうなデザインです。


「真空二重構造」だから、ずっと美味しいまま

漆を施したthermo mug(サーモマグ)』が作る真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

URUSHIタンブラーの機能・実用性を支えているのは、『thermo mug(サーモマグ)』が作る真空二重構造のステンレスボトル

耐食性・耐熱性に優れた「18-8ステンレス」製だから、保温・保冷機能をしっかりキープ

保温・保冷機能をしっかりキープする漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

出勤前にコーヒースタンドへ立ち寄って、熱々のコーヒーをタンブラーに入れてもらっても、ランチ後も熱いまま(※蓋を使用)。食後のコーヒーまで美味しく味わえました。

保温性に優れた漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

氷たっぷりのアイスコーヒーを入れても、結露しないからコースター要らず。氷も溶けにくいので長時間ひんやりを楽しめます。

保冷性に優れた漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

密封性の高いスクリューキャップを採用しており、持ち運びにも便利!内蓋には圧力を調整する「減圧弁」がついており、熱い&冷たい飲み物を入れて密封しても、蓋が開かなくなることはありません。

私が以前使っていたステンレスボトルは、熱々のコーヒーを入れると必ず蓋が開かなくなるので、この設計はとても嬉しいポイントでした。

密封性の高いスクリューキャップを使用した漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
※フタ内側にある中栓は閉めた状態でご使用ください。

「MONOCO」×「土直漆器」×「thermo mug」×「Rina Iwai」のクワトロコラボで実現した、他にはないデザインのURUSHIタンブラー。これほど多くの人の“手塩に掛けられた”タンブラーは、他にはないかもしれません(笑)!

ギフトにもぴったり。MONOCO・土直漆器・thermo mug・Rina Iwaiのコラボ。漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)
化粧箱に入れてお届けするので、ギフトにもぴったり!

クリスマスギフトや年賀の贈り物、結婚祝いや新居祝い、海外の方へのお土産。大切な人への“ファーストURUSHI”として贈るのも粋ですね!


《ここだけの話》編集者 井上まさこ

恥ずかしながら、「漆は手入れが面倒」というイメージが強く、我が家の漆器は正月にしか登場しませんでした。

だから、このURUSHIタンブラーの魅力に惹かれるかれるまでは、日常的に「漆」を持ち歩く日が来るなんて想像すらしていなかった私です(笑)。

天然の漆は「色艶」を育てられるという点にくすぐられたので、扱い方について調べたところ意外とシンプルなんですね!

使い終わったらなるべく早めに、柔らかいスポンジなどを使って水洗いして、乾いた布で吹き上げるだけ。

漆の真空二重構造のステンレスボトル(タンブラー)

私は、MONOCOで人気の「理想のふきん」で拭いていますが、3層構造のクッションが漆器にも優しくて、力をいれなくても水分や手脂をきれいにキャッチしてくれます。拭いた後の輝きが違うので感動しました。

このブランドの商品に関する投稿

  • 毎日“撫でたくなる”URUSHIタンブラー、作ってみました!

このブランドの商品を選ぶ

《MONOCOオリジナル企画》漆を“いま”の感覚で楽しむ!職人が、手塗りで仕上げた深い艶と手触りの「タンブラー」| 土直漆器×thermo mug×Rina Iwai

カラー : 漆黒

売切中

残り0個

18人が購入

カラー : 朱赤

売切中

残り0個

29人が購入

  • ラッピング可能
  • 予約注文

予約受付期間: 2018年11月25日(日)まで
倉庫出荷予定日: 2018年12月上旬頃

*予約限定販売商品のため出荷にはお時間をいただいております。予めご了承の上ご注文ください。

《2色セット/MONOCOオリジナル企画》漆を“いま”の感覚で楽しむ!職人が、手塗りで仕上げた深い艶と手触りの「タンブラー」| 土直漆器×thermo mug×Rina Iwai

  • 送料無料
  • ラッピング不可商品
  • 予約注文

予約受付期間: 2018年11月25日(日)まで
倉庫出荷予定日: 2018年12月上旬頃

*予約限定販売商品のため出荷にはお時間をいただいております。予めご了承の上ご注文ください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加