あなたを“変える”、睡眠の新常識 よい睡眠はパーフェクトな1日から

あなたを“変える”、睡眠の新常識|よい睡眠はパーフェクトな1日から

「よく眠れた気がしない」「すっきり起きられない」……睡眠に悩んでいる人は多いはず。

よい睡眠には、寝ている間だけではなく、1日の生活サイクル(体内時計)を整えることが必要――睡眠の研究者たちやアスリートたちの間では、すでに常識です。

たしかに、長時間のフライトで「時差ボケ」になると、眠気が続いたり、逆に寝つけなくなったり。体内時計のズレは、私たちの眠りを、生活を乱してしまいます。

“パーフェクトな1日”を過ごすための《6つのコツ》で、よりよい睡眠を目指しましょう。あなたの毎日の質が変わりますよ。


1. 寝るときは「横向き寝」で



横向き寝は、いびきや無呼吸を減らし、脳の老廃物「アミロイドβ」を、あお向け・うつ伏せより効果的に排出する(
  
横向き寝をラクにしてくれるからオススメ!
いつでもベストポジション枕


詳しく見る >>


2.「出社90分前」には起きて朝食を



毎朝同じ時間に起きると、体内時計が整いやすい。会社へ着く90分前には起きて、朝食を。体にリズムと活力が生まれる。

20秒で完成、飲みやすいから朝食にオススメ!
朝が変わる!なめらか「野菜の生スムージー」

詳しく見る >>


3. 昼寝前のカフェインで能力アップ



NASAの研究が、昼寝は仕事効率を上げると証明()時間は約30分、寝る前にカフェインをとると、目覚めすっきり。

1分で手淹れ級コーヒーを味わえるからオススメ!
"押す"だけで淹れられる、本格コーヒー体験

詳しく見る >>


4 睡眠の質を高める「運動」



オレゴン州立大学の研究では、週に計150分の強めの運動をすると、睡眠の質が65%改善。好みの運動を定期的に続けよう。(

家で手軽に有酸素運動ができるからオススメ!
実は運動効果が高い「トランポリン運動」

詳しく見る >>


5. 睡眠促進ホルモンは食べて増やす



睡眠促進ホルモンと呼ばれるメラトニンは鶏肉や魚、牛乳に多いトリプトファンを食べると生成される。積極的に摂取を。

栄養と旨みを閉じ込めたまま焼けるからオススメ!
“5分蒸し焼き”で、簡単ヘルシー習慣


詳しく見る >>


6. 寝る2時間前には照明を暗く



寝る2時間前には照明を暗めの暖色に。スマホは置いて、明日の書類の用意、やることのメモなど「片付け」で心も整理。

温かみあるランプで、ゆったり寛げるからオススメ!
リビングに憧れの『プチ書斎』


詳しく見る >>

この記事に関連する商品の投稿

この記事に関連する商品を選ぶ

皮つき野菜も氷も入れてOK、パワフルな小型ブレンダー|ferrano

カラー : フェラーノレッド

8,964円(税込)

カラー : スパークリングホワイト

8,964円(税込)

  • ラッピング可能

倉庫出荷予定日: 2019年3月23日

鶏胸肉も野菜もメチャうま!フライパン感覚の蒸し焼きプレート|STEAM+GRILL

  • 送料無料
  • ラッピング可能
  • ブランド直送

倉庫出荷予定日: 2019年3月27日頃

*こちらの商品はブランドから直送させていただきますので、実際の配送は予定日を前後する場合がございます。予めご了承の上ご注文ください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ