HOME > 寝心地がまるで違う「毛布」

寝心地がまるで違う「毛布」

暖かさはもう当り前、軽さとなめらかさも実現

発熱繊維を使った毛布はもはやめずらしくありませんが、本品は寝心地が違います。

布団に入った瞬間、「あぁ暖かい」と同時に、「毛布がこんなに軽いなんて!」「肌触りがなめらかで気持ちいい」と驚いてしまいました。さすがは日本国内で製造される毛布の98%を手がける毛布の街、大阪・泉大津の職人たちの自信作です。

軽くてなめらかな、暖かい毛布

本品の3大特長である、
①暖かさ
②軽さ
③なめらかな肌触り
を実現できたのは、「サーモ2000ウルトラソフト」という発熱繊維のおかげ。
泉大津の毛布職人たちが10年がかりで開発したアクリルとレーヨンの混紡素材です。


普通のアクリル毛布より温度が2℃も高くなる発熱繊維だから暖かい。

発熱繊維で、マイクロファイバー毛布よりも暖かい毛布

どんな繊維も水分を吸うときに吸着熱を出しますが(バスタオルで濡れた体を拭くとホワッと暖かくなりますね、あの熱です)、「サーモ2000ウルトラソフト」はその吸着熱を高めた素材です。寝ている間に体から出る水分(汗)を吸ってはおだやかな熱に変えてくれます。


ムレにくく暖かい毛布

では、どれだけ暖かさが違うのか。
本品とアクリル100%毛布で吸湿発熱性テストをしました(開始時はどちらも温度20℃。一財ボーケン品質評価機構調べ)。

テスト開始5分で本品がより暖まりはじめ、12分後にはなんと本品のほうが2℃も温度が高くなりました(本品24.8℃・アクリル100%毛布22.8℃)。たしかに、足を触るといつも冷たい私(35歳女性)が本品を使ったところ、布団に入って5分ほど経った頃でしょうか、足先がいつのまにかじんわり暖かいことに気づきました。冷える日はアクリル毛布を掛けても足が冷たいせいでしばらく目が冴えたままなのですが、この発熱毛布を使ったら15分も経たないうちに眠りについてしまいました。
そのまま朝まで足も背中もポカポカだったので、密閉性の高いマンションだったら秋から冬は本品1枚で、真冬は本品+羽毛布団で十分暖かいと思います。


熱を溜め込む空気層をたっぷり含んだ発熱繊維だから軽い。

熱を溜め込む発熱繊維だから暖かい毛布
長方形断面のアクリルと円形断面のレーヨンを寄り合せているから、繊維内に空気層ができる

本品のシングルサイズはたった1.9キロ。数字上では軽く見えないかもしれませんが、一般的なアクリル毛布は2.5キロ前後あるものがほとんどです。
じっさいに本品を手で持ってみるとあまりに軽いので、使う前は「本当にそんなに暖かいの?」と疑っていたほどでした(笑)

どうしてそんなに軽いのか。
本品の素材「サーモ2000ウルトラソフト」は極細のアクリル(断面が長方形)とレーヨン(断面が円形)をふんわり撚った特殊な繊維でできています。
形の異なる2種類の繊維のあいだに、吸着熱を溜めこんでくれる空気層をたっぷり含んでいるので、その分、毛布が軽く仕上がるのです。


仕上げ加工に52工程もかけているから肌触りがうんとなめらか。

選び方は仕上げの工程数にあり、暖かい毛布
機械にはできない、熟練職人たちの目と手による調整が寝心地の違いを生む

本品の肌触りは特筆ものです。
触れるとしっとりとしたなめらかさは、まるでビロードのよう。短めの毛足はフワッフワの感触で、触れるだけでジンワリとした暖かさが伝わってきます。
本品の「サーモ2000ウルトラソフト」は、極細のアクリルとレーヨンを使っているので、もともと柔らかい素材ですが、毛布の仕上げ加工でさらに手間をかけることで〈段違いのなめらかさ〉を生んでいます。

毛布の肌触りに欠かせない仕上げ加工は、なんといっても「毛さばき」と「ポリシャー(つや出し)」。
織りあげた毛布の毛を梳かしてフワフワのわた状にする「毛さばき」と、毛のちぢれを蒸気で伸ばしてなめらかにする「ポリシャー」の工程を何度もくり返すことで、なめらかさが増します。

一般的な毛布の仕上げ加工は約30工程ほどですが、本品はなんと52工程も重ねています。
さらに、熟練の毛布職人たちが毛の梳かし具合や蒸気の温度といった細部を丹念にチェックすることで、これほどなめらかな肌触りに仕上がるのです。
本品は毛布づくりを120年以上続けている泉大津だからこそつくれる逸品と言えるでしょう。

お手入れはかんたん。本品をたたんでネットに入れれば洗濯機で洗えます。何度洗ってもヘタリにくいですし、発熱の性能も変わりません。

お客様のカートにまだ商品はありません。