閉じる
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト

渾身の球体、デスクに現る

球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト

LINE FACEBOOK TWITTER
見て見て! デスクに現る、この球体。

実は、2つの半球を溶接したもの。なのに、どの角度から目を凝らして見ても、まったく継ぎ目が見えません。渾身の研磨で、ピッカピカのツルッツル。



不思議な球体の正体は、「スマートフォンスタンド」。

スマホを立てかければ点で支え、スマホがなくてもオブジェのような存在感を放ちます。

ステンレスの静かな輝きは、PCや周辺機器との相性もバッチリ。世界観が整って、デスクに自分だけの小宇宙が現れます。



「球体」はアートやモニュメントによく使われるモチーフ。吸い込まれるように見入ってしまうは、始まりも終わりもない“無限”への、無意識の憧れなのかもしれません。

作っているのは、世界的に定評のある新潟・燕三条の金属加工メーカー。数々の受賞歴を持つプロダクトデザイナー・秋田道夫氏とタッグを組み、『TAKEDA DDESIGN PROJECT(タケダデザインプロジェクト)』を世に送り出しました。



下地から仕上げまで、金属加工技術の粋(すい)を集めたプロダクト。ミニマムなデザインの中に、手間のかかる工程の積み重ねがあります。

効率最優先の毎日、ちょっと立ち止まって、小宇宙に心を泳がせてみませんか?

スマホを立てかけずとも、絵になるスタンド





「スマートフォンスタンド」は、スマホを立てかけるためだけのものと思っていました。

『TAKEDA DESIGN PROJECT』の「スマートフォンスタンド」は、スマホを立てかけずとも絵になって、まるでオブジェのよう。

素材はステンレス。

iPodの背面をピッカピカに仕上げたことで世界にその名を轟かせた、新潟・燕三条の「鏡面磨き」の技術が使われています。

この球体、「2つの半球を溶接して研磨したもの」と聞いて驚きました。どこからみても触っても、継ぎ目が見つかりません。



正方形のプレートも、鏡だといわれたら信じてしまいそうな光沢。天面だけでなく四方のコバにも、ていねいな「鏡面磨き」が施されています。



円柱のバーは、側面がツヤ消しの「ブラスト仕上げ」で、端面が「鏡面仕上げ」。ひとつの立体に2種類の仕上げを美しく両立させるのは、高い技術があってこそなのだとか。



裏面は、細い線状の模様をつけた「ヘアライン」仕上げにブランドゴロを刻印。



四隅に滑り止めがついていて、安定感があります。



スマホを支えるのは、球。



点で支えるから、スマホだけでなく、厚みの違う「タブレット」や「ノート」も立てかけOK。仕事中はもちろん、動画視聴にも役立ちます。



縦の円柱バーは、キーホルダーや指輪などちょっとしたものを置くスペースになります。



デスクの上に置くだけで、空間に広がりを感じさせてくれる「スマートフォンスタンド」。自分のスペースを大切にする方へのプレゼントにも喜ばれそうです。


ブラックの化粧箱入り

《ここだけの話》編集者 山口裕子



正直、オフィスで初対面した時は、「ナニに使うのかな?」と、ピンときませんでした。

家に持ち帰り、MacBook Airの隣に置いてみると、あら不思議。

かっこいい…。仕事空間が格上げされたように感じました。

なぜかデスクの上をキレイにしたくなって、お片付けスタート。これは整理整頓キープにも良さそうです。



メーカーさんに聞くと、本品は従来のコストありきの量産発想ではなく、下地から仕上げまで妥協なくクオリティーにこだわった製品とのこと。

特に、球体は「2つの半球を溶接して磨き上げた」という話にはびっくり。どんなに目を凝らしても、継ぎ目がまったく見えません。

さすがは世界屈指の研磨技術!



そんな裏話をさておいても、視界に端正なデザインを置くことは、気持ちがスッと落ち着くものだなと感じました。

スマホを立てかけてみると、早速メール新着の通知。目線の先に画面があるので、顔を向けるだけでロック解除され、スムーズに確認できるのもGOOD。

寝室のスマホ指定席にも良さそうです。

仕様・インフォメーション

  • 仕様・インフォメーション
  • 材質 :[本体]ステンレススチール [滑り止め]ポリウレタン
  • 重量:約324g
  • サイズ(約):幅100×奥行き100×高さ54mm

商品を購入

球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト

渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト
渾身の球体、デスクに現る|球体で支える、オブジェな「スマートフォンスタンド」|TAKEDA DESIGN PROJECT タケダデザインプロジェクト

送料無料

ラッピング可能

  • 13,200円(税込)

    97人がお気に入り登録

            

  • ADD TO BAG

  • 倉庫出荷予定日: 2024年6月14日

お問い合わせ

お客様、いつも有り難うございます!

なにかご不明な点などありませんか?
商品の仕様や利用方法など、お気軽にお尋ねください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • ひと目で良さがわかって、即決した商品は「君にヒトメボレ」で取り扱っています。
  • 正午までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入商品金額合計 10,000円 以上で送料無料です。
    ※一部配送便(特別配送便、クール便等)を除く
    ※ギフトラッピング料、配送料を除く合計金額

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

scroll