閉じる
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法、小ぶりでもしっかりあおげる
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法、小ぶりでもしっかりあおげる
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法、小ぶりでもしっかりあおげる

“いい風”を生み出す扇子の条件

500年続く伝統製法、小ぶりでもしっかりあおげる

LINE FACEBOOK TWITTER
人で混雑する駅、パソコンの熱がこもるオフィスは、一年中どうも暑苦しい……MOYÖの扇子なら、“いい風”を存分に味わえます。

500年続く伝統製法で、小ぶりでオシャレな「京扇子」|MOYÖ 扇子

洗練されたモダンなデザイン。実は、500年も続く京扇子ならではの「地紙(じがみ)両面貼り」でつくられています。

ベテラン職人たちによる手仕事で、和紙を貼り合せた「地紙」に、薄い竹の「扇骨」を差し込んだ伝統製法なので、小ぶりながら丈夫。

しっかりあおげて、いい風を感じられるから、あぁ涼しい!一度使ったら、心地よさにきっと病みつきです。

京扇子500年の歴史が生み出す“いい風”

500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子

近年、暑さが厳しい日本では、プラスチック製のうちわや扇子を使う人を見かけるようになりました。

MONOCOは、大人にふさわしいMOYÖの扇子をおすすめします。

大人に相応しい、伝統製法で手仕事で作られたコンパクトな「京扇子」|MOYÖ 扇子

仕事に、お出かけに、どこへでも持ち歩けるコンパクトさ

閉じた姿は、薄さ1.5×長さ17.5cmのコンパクトさ。スーツやバッグのポケットにすんなり収まる小ぶりサイズながら、あおいでみると、あぁ涼しい!

閉じるとコンパクト、おしゃれで上質な「京扇子」|MOYÖ 扇子

500年続く伝統製法「地紙(じがみ)両面貼り」で作られた「京扇子」|MOYÖ 扇子

“いい風”を生み出せる理由は、室町時代から500年ほど続く、京扇子ならではの「地紙(じがみ)両面貼り」でつくられているからです。

京都産の和紙と滋賀・安曇川産の竹で作られた「京扇子」|MOYÖ 扇子

京都産の和紙を貼り合せた「地紙」に、滋賀・安曇川産の竹を薄く削った「扇骨」を、1本1本、糊付けして差し込んでいく……。

京都のベテラン職人たちによる手仕事で作られた「京扇子」|MOYÖ 扇子

京扇子づくりの工程は、細かく分けると80以上。京都のベテラン職人たちが、ほとんど手仕事でつくっています。

広げれば、扇子の最大幅は29.5cm。ていねいで丈夫なつくりだから、サッと軽くあおぐだけで、しっかり風を起こせます。

ていねいで丈夫なつくりの洗練された「京扇子」|MOYÖ 扇子

扇骨が少なかったり、片面貼りの扇子だと、あおいでも風量が物足りなかったり、扇面が剥がれてしまうことも。

丈夫なMOYÖの扇子で、暑い日を乗り切ってください。

このストーリーで紹介している商品

500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子

人で混雑する駅、パソコンの熱がこもるオフィスは、一年中どうも暑苦しい……MOYÖの扇子なら、“いい風”・・・MORE

“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子
“いい風”を生み出す扇子の条件|500年続く伝統製法で、小ぶりでもしっかりあおげる「京扇子」|MOYÖ 扇子

ラッピング可

お問い合わせ

お客様、いつも有り難うございます!

なにかご不明な点などありませんか?
商品の仕様や利用方法など、お気軽にお尋ねください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入商品金額合計 15,000円 以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く
    ※ギフトラッピング料、配送料を除く合計金額

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

scroll