HOME > 縫い目がない「カシミア混ニット」

縫い目がない「カシミア混ニット」

誰でも簡単にジャケットを着こなせる“無縫製”

大人の週末スタイリングの王道となった「ジャケット × ニット」スタイル。本来ジャケットにはシャツの組み合わせが定番のところ、ニットを合わせることで、それ自体が“ハズし”になり、誰でも簡単に着こなしが楽しめます。

とは言うものの、実際にどんなニットを買ったらいいのか、どんなジャケットに合わせたらいいのか。

そこでジャケットに合う理想的なニットとはどのようなものなのか。日本発のニット専門ブランド「trio(トリオ)」の浦代表に相談しながら、誰でも簡単に着こなせる特別なニットを共同開発しました。ほぼだいたいの男性が持っているブラック、グレー、そしてネイビーのジャケットに合わせやすい4色展開です。

ファッション業界でもニットと言えばこの人、浦氏がたどり着いたのが縫い目のない(無縫製)の「ホールガーメント」という編み方。

従来のニットは、体のそれぞれのパーツを編んだ後に一緒に縫い合わせてできていますが、ホールガーメントは一着まるごとの状態で、編み機から直接、立体的に編成されます。縫い目がないことで、ごわつき感がなく、ボディラインに無理なく馴染む“美しいシルエット”を生み出してくれます。また、縫い代がない分、通常のニットよりも軽く、自分の肌のような着心地を感じさせてくれます。いわば、インナー感覚で、毎日のお洒落を楽しむことができる非常に理想的な編み方なのです。

今回の共同開発では、このホールガーメントという編み方で作られたニットに、大きく3つの改良を加え、他では手に入らないニットに仕上げました。


お洒落が決まるVゾーンは、“立体的”に。


モデル(身長180cm、体重70kg)、Mサイズ着用


ジャケットを羽織ったときに、お洒落の一番のポイントとなるのが「Vゾーン」。
一番最初に目に入るこのVゾーンで、あなたの顔を品良く、洗練された印象に演出してくれるよう首元には「スムースガーター」という立体的な編み方を採用。


このスムースガーターは、Vゾーンのシルエットを綺麗に見せてくれるだけでなく、首元がクタッとならないよう、縁をしっかりと保ってくれます。首元だけでなく、摩擦が多い袖口や裾口にもスムースガーターを施していて、より丈夫にする一工夫も。


また洗練された印象を演出するため、糸の構成を「コットン85%・カシミア15%」に。カシミアを絶妙な割合で入れることによって、その光沢感がフォーマル感を演出してくれ、肌触りもしっとり優しく仕上げることができました。


4色どのニットも「スムースガーター」で首元が綺麗に(左上から時計周りで、ネイビー、グレー、オリーブ、ホワイト)


脇に施した18個の“穴”で蒸れ知らず。



ジャケットを長時間羽織った場合、気になるのが脇の蒸れ。そこで、通気性を良くし、蒸れにくいよう、脇に小さな穴を18個(表側に9個、背中側に9個)施しました。穴といっても、本当に穴を開けたのではなく、ニットの特性を活かして、隣同士の糸を寄せ合わせてメッシュ状にしています。通気性をリクエストしたわけですが、ニットでそこまで設計できるんだ!と目から鱗でした。

また従来のホールガーメントは、長く着ていると脇下が裂けてしまうという可能性を持ち合わせていましたが、「三角マチ」状で編むことでこれを回避しました。またマチがある分、脱ぎ着がしやすく、着ているときも腕が上げやすいという利点を生み出しました。実際にジャケットの下に着ていても、突っ張った感覚がなく、気づいたらジャケットを着たままキーボードを打っていたくらい開放感と軽さを感じられました。


洗濯しても“伸びにくい”秘密。



浦氏がニットに長く携わっていて、嫌だったと語るのがニットの「伸び・縮み」。

「洗濯すると、ニットが水分含んで重くなりますよね?そのままハンガーにかけて干すと、ニット自体の重みで伸びちゃうんですよ。それがすごい嫌だったんです。だから、洗濯を避けて毎回クリーニングに出してたら、奥さん泣かせだった(汗)。」と、浦氏は当時の悩みを共有してくれました。ニットが伸びるのもそうですが、実体験として縮んでしまった、という方もいらっしゃるはず。

そこで改良に改良を重ね、今回開発に成功したのが“伸びにくい・縮みにくい”編み方。クリーニングに出す必要がなく、いつもの洗濯物と一緒にご家庭で洗っていただけます。特殊な編み方によって、いくら洗っても最大2cmまでしか伸びないという設計をしたんだとか。実際にネットに入れて6回ほど洗ってみたところ、新品と見分けがつかないほど、“伸び”は感じられませんでした。

この“伸びにくい”秘密は、12ゲージ(1インチ幅に12本の針)という編み方。12ゲージで編むことによって、従来のニットよりも目が細く編め、カチっと丈夫になるんだそうです。もちろん目を細く編むことによって、従来のニットよりも編むのに時間がかかり、1日4,5枚しか作れないんだとか。

ちなみにハンガーにかけて干すと、肩部分に少しだけハンガー跡がついたことがありましたが、サッとアイロンをかければ綺麗に元どおりに。カシミアも入っているのに、家庭で簡単に洗え、クリーニングにも出さなくてもOK。浦代表の奥様は、“自宅で丸洗いOK”、“伸びにくい”、そして“クリーニング要らず”の3拍子に大変喜んだそうです(笑)。

普段からニットを着ている方も、これからニットの着こなしを楽しみたい方もあらゆる人におすすめしたいニットに仕上がりました。

お客様のカートにまだ商品はありません。