閉じる
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO

思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ

《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO

LINE FACEBOOK TWITTER
もしもポケットやカバンからサッと出したハンカチで、ホッと一息できたら。

ハンカチを開くと、そこにはおもわず気がユルんじゃう、クスっと笑ってしまう、あまりにもユルすぎるアートが。

今回は、そんなユルアートが描かれたアートなハンカチをご紹介しましょう。

おもわず気がユルんじゃう、クスっと笑ってしまう逸品|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

現代社会のストレスを緩和する「ユルアート」



現代社会のストレスを緩和|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真左から「NEVER ANGRY MAN」「泳ぐ人」「ぞろぞろとおすもうさん」

こちらは、ハンカチ専門店『H TOKYO』による、さまざまなクリエイターがハンカチをキャンバスにアートを施した、“クリエイターズハンカチ”。

国内外で活躍するイラストレーターを中心に、彼らの作品をハンカチに落とし込んでいます。

なかでもイラストレーターの山本麻央さんが手がけた、この「NEVER ANGRY MAN」が秀逸。

山本麻央さんが手がけた、この「NEVER ANGRY MAN」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「NEVER ANGRY MAN」

「NEVER ANGRY MAN」、その名のとおり、なにを投げられても決して怒らない人。

会社や社会など、日常生活でイライラした時、させられた時、まずはその場でハンカチを広げて、ホッと一息ついてください。

あなたの手洗いの友として、最高の友情を築けることでしょう。

会社や社会など、日常生活でのリラックスに|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

そして、こちらはおなじく山本麻央さんが手がけた、架空のタトゥーショップの図案見本という「#TATOO SHOP HAPPY」。

山本麻央さんが手がけた「#TATOO SHOP HAPPY」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「#TATOO SHOP HAPPY」

タトゥーって、最近はファッション感覚で楽しんでいる方も多いようですが、どうしても怖そうな人が怖そうな絵を彫っていて…と、なんとなく、いかついイメージが強いですよね。

でももし、そんな怖そうな人に、こんなユルいキャラクターたちのタトゥーが彫られていたら?

そんなことを想像してみると、おもわずクスっとなってしまうこと間違いありません。

おもわずクスっとなってしまうユーモア小物|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

「こんなタトゥーショップがあったらいいな」という妄想をイラストに落とした、とてもナイスなユルアート。

あくまでも架空のお話ですので、あしからず。

ユルさのなかにリアルあり



ユルさのなかにリアルあり|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真左から時計回りに「こんにちは、おすもうさん」「女湯」「こんなふうに回ってみたい」

さて、お次は本の装画や広告などを手がけている、イラストレーターの村田善子さんのユルアートなシリーズをご紹介しましょう。

村田さんのユルアートのなかでもオススメは、「こんにちは、おすもうさん」です。

イラストレーターの村田善子さんの「こんにちは、おすもうさん」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「こんにちは、おすもうさん」

もうこれ、見た瞬間に、まごうかたなき、おすもうさんなんです。

昨今は、ユルいおすもうさんキャラクターが流行っているようですが、こちらはユルいのはユルいけれど、子どもの時のおすもうさんのイメージというか、トラウマではありませんが、ココロのなかに残っているアレですね。

大きな背中に、小さな顔、そしてオレンジのまわし。このイメージだったんですよ。

誰もが疑いようのないおすもうさんが、そこに。

このシンプルさ、そして明快さ。これがザッツ・おすもうさんです。

イラストレーターの村田善子さんの「こんにちは、おすもうさん」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

ちなみに、おすもうさんシリーズの「ぞろぞろとおすもうさん」もオススメです。

イラストレーターの村田善子さんの「ぞろぞろとおすもうさん」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「ぞろぞろとおすもうさん」

さらに「女湯」。

イラストレーターの村田善子さんの「女湯」|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「女湯」

昨今の銭湯ブームで、家にお風呂やシャワールームがある方でも、気軽に銭湯に通うカルチャーになりつつありますよね。

ちなみに、筆者は男なので、私にとって女湯とは、ある意味まだ見ぬ秘境的な、未踏の地なワケです。

高い壁の向こう側から聞こえてくる女性や子どもの声が、さながら熱帯雨林のジャングルの奥地から鳥や生き物の声だけが聞こえてくるような、あの感じですね。

そんな秘境がユルく、リアルに描かれたイラスト。

おもわずニンマリしてしまう、そんなユルい「女湯」イラスト|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

「たぶん、こんなんなんだろうなー」と、想像と妄想を膨らませてしまうのです。

女性の方にはちっともオモシロくも、イタくも、カユくもない話なのかもしれませんが。

もしかしたら、女性側にとっては男湯がまさに猛獣たちの声が聞こえる野生の王国的な、ジャングルそのものなのかもしれませんね。

おもわずニンマリしてしまう、そんなユルい「女湯」。

ただ、このご時世もあり、なるべくひとりで楽しまれることをオススメします(笑)。

気軽に持ち歩ける、ユルいアート



気軽に持ち歩ける、ユルいアート|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真は「つまんでヒラヒラ」

これら作家さんによって生み出されたユルアートなイラストハンカチは、作品を忠実に再現するプリントを、主に横浜のハンカチのプリント専門工場で行っています。

職人さんが手作業で行なうシルクスクリーンによって一枚ずつ色をつけており、しかもデザインごとに、力の絶妙な加減で「線の出方」をコントロール。

横浜のハンカチのプリント専門工場によって製作|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

職人が手作業で行なうシルクスクリーンによって一枚ずつ色をつける|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

デザインごとに、力の絶妙な加減で「線の出方」をコントロール|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ

それゆえに、このうつくしい色合いのユルアートなハンカチが生まれているんです。

まさに、身近なアイテムで、気軽に持ち歩けるアートと言っても過言ではないでしょう。

身近なアイテムで、気軽に持ち歩けるアート|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真左上から時計回りに「つまんでヒラヒラ」「こんなふうに回ってみたい」「お風呂場」「おおらかな白色」。すべて村田善子さん作

たとえば、男性は女性の涙を拭いてあげるときに、女性は男性がくしゃみをするときに、取引先との重要な会議中のさりげなく汗を拭くときに、もしもサッと出したハンカチが、こんなユルアートなハンカチだったら。

想像するだけで面白いと思いませんか?

サッと出すだけで、ホッと一息つけるユルアートなハンカチたち。

サッと出すだけで、ホッと一息つけるユルアートなハンカチ|ユルアートが描かれたアート。ハンカチ専門店「H TOKYO」によるクリエーターズシリーズ
写真左から、村田善子さん作の「泳ぐ人」「豆大福」

仕事や生活に疲れたとき、日常のイライラも解消につながるかも。

さまざまなストレスが多い現代社会を、楽しく生き抜くための、サバイバルアイテムのひとつでしょう。

幸せになれるのは黄色いハンカチだけじゃない!

ユルアートでちょっとした幸せを持ち歩いてみては?


仕様・インフォメーション

  • 素材:綿100%
  • 縫製:チドリ縫製(日本製)
  • サイズ:52×52cm

商品を購入

《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO

思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO
思わずホッと一息!ユルアートなハンカチ|《村田善子》国内外で活躍するクリエイターたちの“発想”を気軽に持ち歩けるハンカチ|H TOKYO

ネコポス対象

ラッピング可能

  • 2,200円(税込)

    7人がお気に入り登録

            

  • バリエーションを選ぶ

  • 倉庫出荷予定日: 2024年6月25日

お問い合わせ

お客様、いつも有り難うございます!

なにかご不明な点などありませんか?
商品の仕様や利用方法など、お気軽にお尋ねください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • ひと目で良さがわかって、即決した商品は「君にヒトメボレ」で取り扱っています。
  • 正午までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入商品金額合計 10,000円 以上で送料無料です。
    ※一部配送便(特別配送便、クール便等)を除く
    ※ギフトラッピング料、配送料を除く合計金額

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

scroll