閉じる

代表 柿山丈博が、たぶん毎週更新

出張先の越谷で、37歳になりました。両親からお祝いメッセージが届くと、その有り難さが毎年増している気がした。自分も大人になったのかな。幼稚園から小3になるまで、母親の年齢を聞くと毎年「28歳」とかえってきては信じていた少年だったのにね、笑。彼女は「永遠の28歳」のようだが、ぼくは「永遠の36歳」であり続けたい。直感が先に来たので、なんでかなと考えてみたら、おそらく人生でもっとも挑戦と失敗の数が多く、そして振り返りの数が多い1年だった。別所哲也さんも「永遠の36歳」らしく、一緒でちょっぴり嬉しい。年齢を重ねるたびに、どんどんと濃くなる人生。本当にありがたい限りですわん。

2022.7.28

scroll