HOME > 誰かと一緒に食べたくなる「棒寿し」

誰かと一緒に食べたくなる「棒寿し」

今年のお花見で、あなたの株を上げる大本命

お花見・入園入学祝いなど、人が集まることが多くなる春。
「何を持って行こう」と迷うあなたに、この棒寿しをお薦めします。

大阪にある魚屋が本気で作った、棒寿し。
まだまだ人に知られていない逸品ながら、その美味しさには、普段わたしたちが知ることのできない“魚のストーリー”が詰まっています。

食べた人が思わず笑顔になる、もしくは唸ってしまうこの棒寿しは、持参したあなたの株を上げることでしょう。
春が来た慶びを、本品と一緒にぜひ味わってくださいね。


魚屋が本気で作った棒寿し




棒寿しを作っているのは、「魚庵」。
代表・田中社長と東京支社長・赤堀さんは、20年間魚屋を共に営み、日本全国そして世界中から魚を買い付けて、築地や量販店に卸していました。しかし「味はいいから値段を安くして」という取引先が多く、美味しい魚を届けたい一心で満足できる魚が見つかるまで各漁場を歩き続けた目利きの2人にとっては、売上が上がってもちっとも嬉しくなかったと言います。

また仕事をするなかで「本当に良い魚は流通に回らない(一般の人が食べられない)」というジレンマを感じ、本当に美味しい魚をお客様に伝えたいという想いで、棒寿しのほか魚介の逸品を作る専門店「魚庵」が作られました。

2人が魚に触れて魚を学んでたどり着いた先には、「本当の魚の美味しさを伝えるためには、至高と言える魚を探して、本気で逸品を作る」という考えがありました。
魚を知り尽くしたプロが選んだ魚を使って棒寿しおよび逸品を作り上げるのは、長年味を探求し続け、腕を磨いた熟練の職人たち。料理長は、老舗の百貨店で長年寿司や魚料理のレシピを開発していた方で、実際に寿司を押す職人も有名ホテルで修行を積み、実力と実績を兼ね備えたプロフェッショナルが担当しています。


棒寿しが出来上がるまでの、こだわり



目指したのは、初めの1貫にインパクトがあり、また2貫目を食べたくなる、そしてこの1~2貫だけで圧倒的に満足できる棒寿し。そのためには、魚の持つ旨味と甘みを感じられることが重要であり、どこの産地の魚を使うか?どのように棒寿しにするか?と、満足するものが出来上がるまで試行錯誤は一年にも及びました。

魚庵が棒寿し1本を作るのにかかる時間は、3日間。
「魚は手間をかけると良いものになる」と、職人が魚をさばき、仕込みをする時も一切の手間を惜しみません。


商品について

今回ご用意したのは、美味しい魚の棒寿しセット3種類。

どのセットにも魚庵の看板メニューであり、前回MONOCOで販売した際にもご好評だった「金華鯖」の棒寿しをセット。しかも、お客様の声を反映し、MONOCOのために特別にハーフサイズで作っていただきました。

美味しい魚の棒寿し1本と「金華鯖(ハーフサイズ)」のセットは、お2人で召し上がってもちょうどよい分量です。


(12本限定)寒ブリ&人気の金華鯖のセット



刻まれた柚子が入った寿司飯の上に、身全体に程よく脂がのった寒ブリに、柔らかく炊いた昆布を巻いています。
ブリの濃厚な味わいがありながら、さっぱりと爽やかな味わいで、脂が強くない魚がお好きな方や女性におすすめの一品です。
(実際、MONOCOの女性スタッフは試食中、全員虜になってしまいました!)

美味しい旬を味わっていただきたいため、12本限定の販売となります。どうぞお早めにご注文ください。


旬の金目鯛&人気の金華鯖のセット




3月〜5月が旬で、脂がのって身も大きい金目鯛(きんめだい)。
特有の柔らかい身と、さらりと上品で甘みのある脂が、優しく押した酢飯と絶妙に合わさります。まさにクセのない美味しさは、誰にでも喜ばれること請け合い。老若男女の集まる場にピッタリです。
また、金色に輝く大きな目と鮮やかな赤い体色から、「めでたい魚」としてお祝いの席に用意されることも多いため、春のお祝いシーンにも最適です。


ふっくら身厚のとろ穴子&人気の金華鯖のセット




ふっくら身厚で、とろけるような食感をもつ「とろ穴子(あなご)」の棒寿し。
魚庵では、鮮度が良く、くさみが全くない穴子本来の美味しさを味わってほしいという想いから、あえて煮詰め(タレ)が塗られていません。
大きい穴子ほど、肉厚で脂は乗りますが、骨があたってしまうため、魚庵では棒寿しに程よい大きさで脂が乗った穴子を、職人が火加減を調節しながらじっくり炊き上げています。






お客様のカートにまだ商品はありません。