HOME > 憧れの『スタンディングデスク』生活

憧れの『スタンディングデスク』生活

デスクに置くだけで、本格的なワークステーション

毎日、座ってばかりいませんか?

2時間座っているだけで、20分間の運動が無駄に(※1)。また、死亡するリスクが40%も高まるという調査結果も(※2)。ずばり、1日2時間以上立つことが推奨されています。

しかし、私たち現代人は、仕事中も食事中も就寝前も座ってばかり。そこで、おすすめなのが卓上スタンディングデスク『SIT STAND』。100年前から、オフィス用品を手掛けてきたフェローズ社が開発。大掛かりなスタンディングを購入しなくても、いつも使っているデスクに本品を設置するだけで、憧れの“スタンディングデスク生活”が手に入りますよ。

オフィスや自宅の机に設置するだけでスタンディングデスクに「SIT STAND」|FELLOWES

※1 「全米で最も優れた病院」と称されるメイヨークリニックによる発表。米国の歴代大統領を診療することで有名。
※2 オーストラリアにて、45歳以上の男女22万人を対象に3年間調査。座る時間が1日4時間未満の人たちと比べて、11時間以上の人たちは、死亡リスクが40%高かった。


「15分立つ・45分座る」のすすめ

「立つ・座る」を繰り返しやすい独自設計のスタンディングデスク「SIT STAND」|FELLOWES

スタンディングデスクと上手に付き合う方法は「15分立ち、45分座る」こと。高さが調整できないスタンディングデスクだと、ずっと立ち続けるのも疲労がたまり、生産性が落ちてきます。飛行機と同じように、一定のペースで立つ、座るを繰り返すことで、それ自体が運動になり、血行が改善されるのです。

SIT STAND は、この「立つ・座る」を繰り返しやすい独自設計。両脇にあるハンドルを握るだけで、ロックが解除され、「15分立ち、45分座る」が簡単に繰り返すことができます。

高さ調整がしやすい卓上設置タイプのスタンディングデスク「SIT STAND」|FELLOWES

日本人の一般労働者の1日平均労働時間 8.4時間で計算すると「2.1時間(15分 × 8.4時間)」立って仕事ができる計算になります。健康への悪影響を最小限に留めるために推奨されている「1日2時間」という目安を無理なく達成することが可能です。

お客様のカートにまだ商品はありません。