HOME > 睡眠で、ありのままの自分に帰る

睡眠で、ありのままの自分に帰る

洗えるシルクが「心と体」を静かに包み込む

誰もが必要な「一人の時間」。でも、忙しい日が続くとなかなか取りづらいもの。

人は、人生の3分の1は寝ていると言われますが、一人になれる時間で最も長いのは、実は「睡眠」。寝る時こそ、とびきり自分が気持ち良いと思う肌触りに包まれて、ありのままの自分に帰りませんか?

SILK SKINは、最高級のなめらかなシルクを使いながら、自宅で洗える手軽さも実現した寝具シリーズ。心身を毎夜リセットする習慣ができれば、日中の活動もより精力的になるはずです。




眠りの質が高まる、極上の肌触り

「繊維の女王」と呼ばれ、一度その肌触りを味わうと手放せなくなるシルク。気持ち良く感じる理由は、人間の肌の成分に近いタンパク質(シルクプロテイン)でできているため。私たちの肌に優しく、とても相性がいいのです。

SILK SKINは「最高級のシルクの肌触り」にこだわり、素材を厳選。繊維の太さや色合い、光沢感などによって細かく分類・格付けされているシルクの中から、最高級アパレルに使われる6Aランクを採用。




糸を撚(よ)ったり精練などの加工をせず、蚕から糸をとって、数本抱き合わせながら巻き取って作る1本の糸。つまり、天然生糸を贅沢に使っています。



実際に、SILK SKIN の敷きパッド・肌掛け布団・枕カバーの3点で身を包むと、なめらかな質感と人肌のような心地良い温もり。体の力が抜けて、一日の疲れがほどけていくような安心感に包まれました。

敷きパッドのクッション性の高さも気持ち良く、睡眠環境が一気にグレードアップ。自宅のベッドで寝ているとは思えないほどの贅沢感です。日中、またあの包容感を感じたくなり、ベッドに体をすべり込ませ、シルクの感触を体全体で堪能。再びうっとり幸せな気分に。

シルクは寝具素材としても優れもの。快適に眠るためには、布団の中の気象、特に湿度・温度が大切ですが、シルクはどちらも最高の働きをしてくれます。

吸・放湿性が高く、寝ている時にかく汗を素早く吸収・拡散して、最適な湿度を保持。その実力は綿の1.5倍です。繊維内には約7千万本もの空気溝があり、外気との間に空気の層を作るので、冬は暖かく夏は涼しく、1年中快適な温度を保ちます。

保水性があり静電気も起こりづらいので、乾燥する時期や肌荒れにも効果を発揮。ホコリやダニも集めにくくなります。


綿配合だから、自宅で洗える

シルクはお手入れが面倒くさそうと思いがち。SILK SKINは「洗える最高級寝具」としても、こだわりました。

素材の約半分を占めるほど贅沢にシルクが使われているのに、洗える秘密は「織り方」。丈夫で耐久性の高い綿と一緒に織ることで、シルクと綿、2つの繊維の長所を備えています。





表面にシルク生糸の占める面積が多くなる「朱子織り」によって、肌に触れる面は最高級シルクの心地良さ。高級ホテルのリネンのような美しい光沢感を放ちます。





最高級シルクの気持ち良さを最大値で実感できる、SILK SKIN の3点には、それぞれ工夫が施されています。

敷きパッドは、ベッドの上に取り付けて使います。シルクの光沢を引き立てるため、中央部分のみキルトを細かくして強度を持たせ、寄りやへたりを軽減させるような仕様に。裏面四隅にベルトがついて固定可能です。




肌掛け布団には、シルクのなめらかさが縫い目によって遮られないよう、あえて手間のかかる製法を採用。小さな円の縫製(ほうせい)を数カ所に施し、中綿が片寄るのを防いでいます。




枕カバーは、大きめの枕(50cm×70cm)でも、しっかり中まで入るほど、たっぷり生地を使っています。




色は、高級感のあるシャンパンカラー。天然シルクが織り込まれた生地への染色は、とても手間がかかりますが、シルクの光沢感を引き立てるのに相応しい色として選び抜かれました。

家で気軽に使えて、毎日シルクに包まれて眠れたら…という想いから開発されたSILK SKIN。最高級シルクだから体験できる癒しの睡眠を、ぜひご自宅のベッドで味わってください。

お客様のカートにまだ商品はありません。