髪に自信を与える「ヘアブラシ」 シャンプー時、毛穴の汚れを落とす376本のピン

髪に自信を与える「ヘアブラシ」|シャンプー時、毛穴の汚れを落とす376本のピン
髪に自信を与える「ヘアブラシ」|シャンプー時、毛穴の汚れを落とす376本のピン
髪に自信を与える「ヘアブラシ」|シャンプー時、毛穴の汚れを落とす376本のピン

このブランドの商品説明

「あなたは髪に自信がありますか?」
そう聞かれて、胸を張ってYESと言える人は少ないかもしれません。

ハリ・コシがなくなってきた、ボリュームが減った気がする、頭皮のニオイ・フケが気になる、パサつきやゴワつき……、髪の悩みは様々です。

さらに、秋は抜け毛が増える季節。原因は、夏の間の冷たいものの摂りすぎ、冷房による冷やしすぎ、強い紫外線などのダメージによって、ホルモンバランスが崩れ、その影響が表れることにあります。


元気な髪を育てるには、「毛穴のつまり改善」と「血行促進」


年齢を重ねると、多くの人が気になる薄毛・髪やせ。
加齢が主要因ですが、”毛穴のつまり”も、毛を細くする原因のひとつ。

頭皮は、外からのホコリ・花粉・整髪料などで汚れ、さらにその汚れを自らの皮脂で固めたような状態にあります。

人の頭皮には約4万個ほどの毛穴があり、健康な毛穴1つにつき、2~3本の髪が生えていますが、シャンプー時にこれらを取りきれず、毛穴がつまってしまうと、”髪の出口”が狭まることになり、細い髪しか頭皮から出られなくなってしまいます。すると、毛穴のつまりがない健康的な頭皮と比べて、髪の量が減って見えると同時に、本来3本生えるはずが1本しか出てこられなければ、実際の数としても減ってしまうのです。

また、頭皮に皮脂や汚れが残ると、菌の繁殖を招き(日本は温暖湿潤なのでなおさら)、頭皮のニオイになることも。

頭皮の血行を良くすることも、ツヤのある元気な髪作りには不可欠。

「髪はからだを映す鏡」とも言われるように、パサパサした髪、ゴワゴワの髪、抜け毛、切れ毛などの背景には、血の巡りの悪化が深く関わっています。
新しい髪は、血流によって頭皮の下にある毛包に栄養が供給されることで育つため、血行が良くなれば、髪に十分な栄養が行き渡るというわけです。

「毛穴のつまり」と「血流」
この2つを改善することが、髪のボリューム・元気なツヤ髪対策には重要です。


376本のピンが、毛穴の汚れを落として血行促進



毛穴のつまりと血流を改善する、最も効率的なタイミングは、シャンプー時

SCALP BRUSH は、そんなシャンプー&ブローブラッシング用につくられたヘアブラシです。
ヘアケアの専門家として、毛髪に悩む1,000人以上に接してきた毛髪診断士・本山典子さんが監修。誰でも手軽にプロのシャンプーを受けた時と同じような効果を手に入れられます。



シャンプーで重要なのは「髪ではなく、”頭皮”を洗うこと」

人の頭に4万個ある毛穴の大きさは、1つ0.2~0.3ミリ。これらを10本の指だけで全てをしっかり洗うことは不可能です。
汚れを気にするあまり頭皮に力を入れすぎると、頭皮を傷つけて逆にダメージを与えてしまったり、指と頭皮の間に髪の毛が挟まってキューティクルを傷つけてしまう原因にも。

SCALP BRUSH には、376本ものピンが付いており、この本数の多さで特許を取得済み。
二層設計で、長いピンが毛穴の汚れをかき出し、短いピンがマッサージ。ピンがしなるように開発されているので、力を入れなくても頭皮の毛穴汚れをしっかり丁寧に落とします。

ピンの先には大小の玉がついており、限りなく真球に近い先玉に仕上げているため、頭皮を傷つけず、気持ちいい使い心地。

握りやすさと操作性を追求したグリップ形状により、頭皮の全方位を刺激でき、頭皮密着設計で、どこにあたっても頭皮にしっかりフィットします。

頭皮にはたくさんの毛細血管があり、特に毛穴周りの毛細血管を刺激して血流をアップすることで、髪の生き生き度合いが違ってきます。

SCALP BRUSH は、頭皮を隙間なくブラッシングできるので、頭皮温度も約3度上昇。頭皮の血行が良くなることで、目や肩、首のコリもほぐれます。


このブランドの商品に関する投稿

  • 自宅が“ヘッドスパ”になる『シャワーブラッシング』
  • 髪ではなく、
  • 「髪の生え際問題」が解決してしまった♪

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ