HOME > “逆さ”に開く傘

“逆さ”に開く傘

服・かばん・手・周りが濡れない、“逆さ”に開く傘

雨の日は、持ち物がひとつ増える。そう傘だ。傘を持っていることによって、普段何気なくしている動作が難しくなり、濡れた傘が持ち物を濡らす。例えば、書類やパスケース、財布をかばんに入れるとき。そして、これらをかばんから取り出すとき。

傘という持ち物が増えたことで、服もかばんも当然のように濡れる。持ち物がかばんに入りきらないときは紙袋が増え、帰り道は食材を買ったビニール袋が増える。濡れた傘のコントロールがより難しくなる。

そして、傘をたたむとき。電車が混み合っているので傘をたたもうとすると、必ず手が濡れる。レストランやコンビニの傘置き場に置いておくと、隣の傘の出入りが激しく、自分の傘を手に取ったときはまた手を濡らすことになる。混み入った電車で、周りの人の傘が自分の服に触れて濡れたという経験をした方も多いはず。


逆さに開けば、自分が濡れない、周りの人も濡れない



『CARRY saKASA』 は、雨の日の悩みを解決した傘。傘が逆さに開くことによって、雨で濡れた面が内側に閉じる。つまり、自分も濡れない、持っている荷物も濡れない、たたむときに手も濡れない。たたんでも外側は濡れていないので、車の座席も濡れない。そして、混み合った電車の中でも、周りの人を濡らさない。傘の開き方を逆にしただけで、自分にとって周りの人にとって“優しい”傘に。



開き方はとても簡単。普通の傘と同じように押し出すだけ。傘が開ききったところで、最後に一押しすると、生地が裏返る。




強風が吹いても逆らうことなく、裏返るので、無理に力がかからず傘が折れにくい構造。新骨もグラスファイバーからできており、軽くて丈夫なのも◎。雨風強い台風のときは、心強い。

車やタクシーから降りる際も重宝。雨風が強いときは、車やタクシーでの移動が便利。でも降りるときは、傘を開くスペースがなく、確実に服や髪の毛が濡れている方も多いはず。CARRY saKASA は、狭い隙間でも開けるので、シートに座ったまま傘がさせちゃいます。


CARRY saKASA の傘布は、丈夫な二重構造 - 開いているとき、たたんでいるとき、それぞれ外側に来る傘布の色の違いも楽しめる


持ち手も高級感があり、スーツやジャケットにも似合います


ちょっと置きたいときに便利 - 傘が“自立”



逆さに開く構造で受けられる恩恵は濡れないだけじゃない。なんと傘が自立。

電車のホームやアポ先のロビーでの待ち時間、手を自由にしてちょっとメールを一通送りたいとき、レストランやカフェで傘の置き場に困ったとき。隣でじっと立って、あなたを待っていてくれる。

MONOCO 編集部のあるスタッフは、玄関先にそのまま自立させている。傘自体がある意味、傘立てに。

全部で8色の展開 



実際に、MONOCO 編集部で雨の日に使ってみた。いつも通りに傘をたたむ。少し時間が経ってから「あ、そうだ。この傘なら手が濡れないんだった」と気づく。つまり「傘をたたむと手が濡れる」という固定概念に囚われていた自分がそこにいた。今までの傘に慣れすぎていた。

自分が濡れない、周りの人を濡らさない、という CARRY saKASA が生み出す価値。まずは体験してみて驚き、その体験を繰り返しながら、その価値が自分のものになっていくことが実感できるはず。

お客様のカートにまだ商品はありません。