HOME > iPhone でもっと面白い写真撮りたい!

iPhone でもっと面白い写真撮りたい!

片手で、カメラ機能がかんたんに使いこなせちゃう

もっと綺麗な写真が撮りたい!でも、なんだかカメラの操作って難しくてよく分からない。これから写真を撮影するときは「カメラグリップ」を装着しましょう!

『PICTAR』は、iPhone に装着するだけで、だれでも簡単に綺麗な写真が撮影できるカメラグリップ。本物のカメラさながらに、片手で撮影モードの切り替えや、ズーム、明るさ調整ができます。Kickstarter での資金調達を経て、待望の日本デビュー!


片手で綺麗な写真が撮れるカメラグリップ



本カメラグリップをiPhone に装着するだけで、あなたのiPhoneに内蔵されているカメラ機能を最大限引き出すことができます。操作は、まるで本物の一眼レフカメラそのもの。驚くほど直感的な操作感なので、カメラや写真のことを詳しく知らなくても少しずつ学びながら、写真の面白さを体感することができますよ。

使い方はとってもかんたん。本カメラグリップを iPhone に装着し、専用アプリをダウンロードしたら、もうその場で写真撮影が楽しめちゃいます。Bluetooth接続といった紛らわしい設定は一切不要。これは、カメラグリップのボタンを押すと発せされる《超音波》にアプリが反応する仕組み。非常に珍しい接続方法ですが、これならiPhoneシリーズで機種変更しても、継続してカメラグリップを楽しめますね。


①自分に合った《撮影モード》に切り替える


まず、左上のダイヤルを回し、撮影モードを選びます。「フルオート撮影」から、動く被写体を撮影するのに適した「スポーツ(動体撮影)」、一眼レフカメラ顔負けの「ISO感度優先撮影」といった撮影モードが8つあるので、撮りたいシーンに応じて切り替えます。


②《明るさ(露出)》を調整する


綺麗な写真を撮るためには「明るさ調整(露出)」が必要不可欠。露出の点では、すでにiPhoneカメラも正確ですが、「もっと明るく撮りたい」と思った場合は、右上のダイヤルで明るさ(露出)を調整することができます。夜中や室内は暗くなりがちなので、iPhone 以上に直感的に操作することができました。下記は実際に室内で撮影した写真の比較。

●露出コントロールなし


●露出コントロールあり(明るさ調整)



③シャッター半押しで《ピント》を合わせる


本カメラグリップのすごい点が《シャッター半押し》機能。優しくシャッターを半押しすると、自動的にピントを合わせてくれるので、ブレを防いでくれます。


④もっと寄りたいなと思ったら《ズーム》


ズーム操作も非常に直感的。カメラ手前のダイヤルを回せば、ズームイン・ズームアウトが細かくできるので、被写体を撮りたい画角で収めることができます。



⑤動きの速い被写体は《シャッタースピード》を速くする

シャッタースピードとは、シャッターが開いてから閉じるまでの速さのこと。速くすることで、動きの速い被写体を止めて撮影することができます。例えば、動きの多い子ども、走っている犬、試合中のスポーツ選手を、一瞬止めたかのように撮影することが可能です。




逆に、シャッタースピードを遅くすることもできます。つまり、シャッターが開いている時間が長くなるので、カメラにより光が入ってくるようになります。本カメラグリップは三脚にも対応しているので、固定して撮影すれば、ヘッドライトを光の線のように《流し撮り》することも可能ですよ。



以上、5つの基本機能ですが、使いこなすことで、いつもとは違ったより深くて繊細な表現の写真を撮影することが可能です。これらすべて片手で操作ができるので、今まで以上に直感的な操作に病みつきになっちゃいますよ。


お客様のカートにまだ商品はありません。