>
閉じる
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand

作品名『爪を研ぐ猫』

《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand

LINE FACEBOOK TWITTER

美しい爪研ぎの上で、愛らしく爪を研ぐ猫。それは、さながら動くアート。

『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』は、何気ない日常のひとコマを、うっとり見惚れる光景に変える、猫プロダクトのブランド。

猫プロダクトのおしゃれなブランド|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

曲線のなめらかさ、天然チェリー材の木目、鉄脚のキリッとした質感、どの角度も美しく、お部屋と猫にエフェクト効果。

爪を研ぐ、まどろむ、戯れる…、どんな猫の所作も引き立てます。

爪を研ぐ、まどろむ、戯れる猫のために|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

美しさは、姿形のみではありません。「プレミアム強化ダンボール」を重ねた爪研ぎの表面は、愛猫が思いっきりガリガリしても、ほぼ変わらず。

研ぎカスがほぼ出ないので、床も美しいまま。掃除の手間が省けます。

愛猫が思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

もちろん、爪研ぎ道具としてもいい塩梅。心地よい爪の引っかかり具合と、「思いっきりガリガリ」を受け止める安定感で、お気に入りの場所に認定されるはず。

心地よい爪の引っかかり具合と、「思いっきりガリガリ」を受け止める安定感|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真手前左「ヘキサゴンMax(本品)」、手前右「ヘキサゴンMidi」、奥左「スツールMidi」、奥右「スツールMax

「猫飼いの眼福」と「猫の本能」どちらも満たす、インテリア家具です。

アクティブ猫や多頭飼いにはヘキサゴン



「猫飼いの眼福」と「猫の本能」どちらも満たす、インテリア家具|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真下「ヘキサゴンMax(本品)」、写真上「ヘキサゴンMidi

六角形の筒状の「ヘキサゴン」は、アクティブな猫や多頭飼いのお部屋におすすめ。爪研ぎとおもちゃを兼ねられます。

「Max」「Midi」どちらのサイズも、奥行約53cm。横に置けばトンネルに、縦にすればタワーになります。

猫が飛び乗るのに、ちょうどいい高さに設計|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
※サイズ(cm)

多頭飼いならMaxサイズ、こじんまりしたお部屋ならMidiサイズがおすすめ。猫の大きさはあまり関係なく、小さい猫、大きい猫どちらにもフィットします。

複数台重ねるとゴージャス感アップ。遊びの幅も広がります。

小さい猫、大きい猫どちらにもフィット|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

側面に窓が空いているので、猫が手を出して遊んだり、覗いてみたり。多頭飼いなら、“モグラたたき”をする姿が見られそう。

爪を研ぐだけでなく、まどろんだり、中に入り込んだり、過ごし方は気分次第|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

爪研ぎ部分には、国産の「プレミアム強化ダンボール」を使用。1枚が3層構造で、厚さは15mm。精密機械の輸送などに使われ、国内最強の丈夫さを誇ります。

本品は、これを六角形にカットして、35枚ぴったり重ね合わせています。

爪研ぎ部分には、丈夫な国産の「プレミアム強化ダンボール」を使用|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

よくあるダンボールの爪研ぎは、高品質を謳うものでも2層タイプを使用。3層タイプを採用しているものは、ほとんどありません。

この「プレミアム強化ダンボール」の良さは、ほどよい研ぎ心地に加え、研ぎカスがほぼ出ないこと。お掃除の手間もなく、研ぎカスを猫が食べてしまう心配もありません。

下の写真は、実際にMONOCOスタッフ宅で2匹の猫が3週間使用したものですが、見た目にはほとんど変化なし。

ほどよい研ぎ心地に加え、研ぎカスがほぼ出ないこと|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真は「ヘキサゴンMidi

爪研ぎの両側面には、なめらかな木目のチェリー材を使用。宮崎県の木工職人による手作業で作られ、両面にロゴマークの焼き印。デザイナーズ家具の趣を醸し出します。

デザイナーズ家具の趣を醸し出す|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

お手入れは、猫の毛をコロコロで取る程度でOK。水気のものを多少こぼしたとしても、溜まることがなく、ヨレたりすることはありません。

思いっきり研げるから、猫満足



猫にとっては、思いっきり研げることが大切|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

爪研ぎは、猫が日々のコンディションを整える場所。
猫にとっては、“思いっきり”研げることが大切です。

もし、ソファや壁が爪研ぎ場所に選ばれているなら、それは、「専用爪研ぎ」よりも研ぎ心地がいいと猫が認識しているということ。設置している爪研ぎを見直してみてください。

思いっきり研げるから、猫満足|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

猫に選ばれる「爪研ぎ」の条件は2つ。


1. 心地よい引っかかり

猫の好みもありますが、爪が心地よく引っかかることが第一。素材が柔らかすぎず、引っかかりすぎずの、ほどよい具合を見つけましょう。

猫の好みもありますが、爪が心地よく引っかかることが第一|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

2. どっしりとした安定感

猫の爪研ぎは、思っているよりパワーがあるもの。激しく研いでも、爪研ぎが動かない、滑らないことが大切です。

うまく研げないと、ストレス発散のための爪研ぎが、かえってストレスになることも。

ストレス発散のための爪研ぎにぴったり、爪研ぎが動かない、滑らない|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
トンネル内側でも爪研ぎができます

『MOCK things by hand』は、爪研ぎ部分が、絶妙な硬さで多孔構造の「プレミアム強化ダンボール」。安定感も抜群で、猫が飛び乗っても、全力で爪を研いでもビクともしません。

心地よい爪研ぎの条件が揃って、思いっきりガリガリしたい、猫の気持ちを満たします。

猫とインテリア、どちらも守る



思いっきり爪研ぎができる場所を作ることが、猫とインテリア、どちらも大切にすることにつながります|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真左「ヘキサゴンMax(本品)」、写真右「ヘキサゴンMidi

爪研ぎは、猫にとって本能であり、やめさせることはできません。一生懸命ガリガリしている姿は、微笑ましくもありますが、お気に入りの家具や壁がボロボロになるのは、困りもの。

思いっきり爪研ぎができる場所を作ることが、猫とインテリア、どちらも大切にすることにつながります。

猫とインテリア、どちらも守る|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真下「ヘキサゴンMax(本品)」、上が「ヘキサゴンMidi

猫が爪研ぎをする理由は以下の4つ。

1. ハンターとしての本能

猫にとって、爪は獲物をとらえたり、自分の身を守ったりするための大切なもの。猫の爪は、薄い層が何枚も重なる構造になっていて、爪とぎをすることで、表面の古い爪の層をはがし、内側の鋭い爪を出しています。

猫にとって、爪は獲物をとらえたり、自分の身を守ったりするための大切なもの|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

2. マーキング

猫の肉球には、強いニオイを放つ臭腺があり、爪とぎをすることで、自分の縄張りを主張しています。背伸びをして高い位置で爪研ぎをしているときは、「自分は大きいんだぞ」とアピールする意味があるとか。

爪とぎをすることで、自分の縄張りを主張しています|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

3. ストレス発散

来客などでストレスを感じたり、寝起きで気分を切り替えるために爪研ぎをすることがあります。突然爪研ぎを始めたら、気持ちを落ち着かせようとしていると考えられます。

来客などでストレスを感じたり、寝起きで気分を切り替えるために爪研ぎをすることがある|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

4. 自己アピール

チラチラ飼い主さんを見ながら爪研ぎをしていたら、「かまって」というサイン。飼い主さんの関心を引くために、爪研ぎをすることがあります。

猫にとって、爪研ぎは生活に欠かせない場所。それが猫も人にも心地いいものならば、お部屋はさらに居心地はよくなるはずです。

生みの親は、愛猫家のグラフィックデザイナー



生みの親は、愛猫家のグラフィックデザイナー|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
写真左「スツールMidi」、写真右上下とも「ヘキサゴンMax(本品)」

『MOCK things by hand』の生みの親は、愛猫家のグラフィックデザイナー。

ちまたの猫プロダクトが、好みに合わずモヤモヤ。部屋のインテリアにもなじまない。ならば、自分で作ってしまおう!ということで立ち上げたブランドです。

パッションでスタートしてはみたものの、商品化までは茨の道。これまで付き合いのなかった業者に、当たっては砕け、作りたい商品のイメージを伝えるだけでも四苦八苦。

すべてのパーツが手作業で作られている|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』
すべてのパーツが手作業で作られている

デザイン性、飼い主の使い勝手、猫の使い心地と安全、すべてをクリアした、現在の形にたどり着くまでに、2年以上を費やしたとか。

製品化前の見本の型を「モックアップ」といいますが、まさに何度もモックアップを作り、試行錯誤を重ねて作ったものという意味を込めて、ブランド名を『MOCK things by hand』に。

デザイン性、猫の使い心地、飼い主の使い勝手、猫の安全、すべてをクリア|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

デザイナー自身の部屋には、試作段階の爪研ぎがズラリ。2匹の愛猫は、一日の大半をその上で過ごしているとか。

今は、猫にとっても自分にとっても、居心地いい部屋になったことに大満足。お届け先の飼い主さんから、猫のエピソードを聞くのが何よりの喜びに。

今は、猫にとっても自分にとっても、居心地いい部屋になる|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

猫への感謝の気持ちを還元すべく、売上の一部を、ハナコプロジェクトや自治体の保護猫団体に寄付しています。

《ここだけの話》マーケティング担当 増田



我が家に2匹の姉妹猫を迎えて、1年半。姉猫の「みね」は、おてんばで甘えん坊、妹猫の「みお」は、シャイで慎重派。性格が真逆の2匹は、一緒に遊ぶどころか、同じ場所で過ごすことさえほとんどありませんでした。

多頭飼いにもおすすめ。仲良く一緒に遊ぶようになるキャットグッズ|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

ところが、今回『MOCK things by hands』の「ヘキサゴンMidi」がやってきたことで、一変。2匹の距離が一気に縮まって、一緒に遊ぶようになったのです。

「ヘキサゴンMidi」は、窓つきのトンネル形状。窓を使い、2匹で「モグラたたき」をしてみたり、「いないないばあ」をしてみたり。その様子が、かわいいのなんの。

複数の猫達が同時に爪研ぎすることも可能|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

内外どちらもダンボール面なので、2匹が同時に爪研ぎすることも可能。反対側で研げば、顔を合わせないので、ケンカになることもありません。

2匹にとっては、おもちゃと爪研ぎを兼ねているようです。

おもちゃと爪研ぎを兼ねたキャットグッズ|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

これまで、我が家には爪研ぎが4か所あり、2匹がそれぞれ自分のお気に入りを使っていました。


ダンボール爪研ぎシート

2019年の年末、2匹をお迎えした時に、ホームセンターの定番品を千円以下で購入。両面使えて、約2か月、取り換え用段ボールパックを2回ほど買い足しています。細かい研ぎカスが散らかって、掃除がたいへん。見た目も妥協しています。個人的には置きたくないのですが、猫にとって用具が変わるのはストレスかもと思うと、なかなか捨てられません。

ダンボール爪研ぎシート|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』


麻縄を巻いたポール型

3ヶ月前に、約3千円で購入。写真は2台目で、主にみおが使用。研ぎカスはそれほどでもありませんが、前回購入した1台目は、1年くらいで毛羽立ちが目立ち、買い替えました。

麻縄を巻いたポール型|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』


壁取り付け木製タイプ

約1年前、壁のひっかき対策のために、約7千円で購入。天然木なので、手ごたえがあり、みねのお気に入りですが、木クズが落ちて掃除がたいへん、踏むと痛い。見た目にも、ちょうど新しい板の買い替え時かなと思っています。

壁取り付け木製タイプ|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

爪研ぎ道具としては、この3種類で事足りていたと思うのですが、『MOCK things by hand』の爪研ぎが届いてからは、なんと、2匹ともこれしか使わない!他には見向きもしなくなってしまいました。

研ぎ心地の良さとエンタメ性が、お気に入りの理由だと思いますが、ウチの子ながら、お目が高い!(笑) 今後は、これ1台に集約して、部屋をすっきりできそうです。

研ぎ心地の良さとエンタメ性が、お気に入りの理由|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

そして、ダンボールのカスがほぼゼロというのがすごい。掃除の手間もないし、2匹で3週間使って、見た目の変化はほぼありません。木のプレート部分をかじったりもしていましたが、傷がつくことはありませんでした。

見た目ほどの重量感はなく、女性でも片手で移動できるのもいいところ。場所や縦横の置き方を変えて、楽しんでいます。

ダンボールのカスがほぼゼロ|お洒落なペットグッズ「猫の爪とぎ」耐久性抜群な爪研ぎスツール『MOCK things by hand(モック シングス バイ ハンド)』

何より、これまで常に別々の場所で過ごして、まったく関わろうとしなかった2匹が、一緒に遊んでいる姿に、家族ともどもびっくり。

シャイで隠れがちだったみおが、明るく社交的に。かまってちゃんのみねも、みおが一緒に遊んでくれて大満足。2匹が1枚の写真に収まるのも、ミラクルです。

猫好きなのに懐いてもらえない夫は、2匹を遠巻きに眺めて、「そうそう、こういう光景が見たかったんだよ〜」と目を細めてご満悦。1年半越しで、猫と暮らす醍醐味を味わっています。

音が出ます


プライスを知ると一瞬ひるみますが、これまでの1年半で、爪研ぎにかけた金額を合計すると、約1万6千円。

『MOCK things by hand』なら、耐久性があって、掃除の手間がなく、インテリアもすっきり。2匹のコミュニケーションツールになっていることを考えると、高い買い物でもないような気がしています。

音が出ます

今では毛繕いするほどの仲良しに

仕様・インフォメーション

サイズ:幅42×高さ38×奥行53cm

材質:
[爪研ぎ]プレミアム強化ダンボール
[サイドフレーム]天然木(チェリー材)

※爪研ぎ部分と鉄脚の2個口でお届けいたします。

《使用上のご注意》
  • 人が座ったり端に体重をかけたりしないでください。転倒の恐れがあります。

商品を購入

《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand

作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand
作品名『爪を研ぐ猫』|《ヘキサゴンMax》思いっきりガリガリしても研ぎカスがほぼ出ない、爪研ぎ家具|MOCK things by hand

送料無料

ラッピング不可商品

ブランド直送

  • 42,020円(税込)

    22人がお気に入り登録

    残り1点【12月下旬入荷予定】

  • ADD TO BAG

  • 倉庫出荷予定日: 2023年2月7日頃

  • *こちらの商品はブランドからの直送となりますので、実際の配送は予定日を前後する場合がございます。予めご了承の上ご注文ください。

お問い合わせ

お客様、いつも有り難うございます!

なにかご不明な点などありませんか?
商品の仕様や利用方法など、お気軽にお尋ねください。

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入商品金額合計 15,000円 以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く
    ※ギフトラッピング料、配送料を除く合計金額

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

scroll