M2P(MAKE 2 PLAY) 手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット

M2P(MAKE 2 PLAY)|手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット
M2P(MAKE 2 PLAY)|手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット
M2P(MAKE 2 PLAY)|手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット
M2P(MAKE 2 PLAY)|手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット

商品ストーリー

手作り暗号(モールス信号)機実験工作キット







「ツー・トン・トン・トー・トン・トン」。誰もが一度は耳にしたことがあるモールス信号。楽しみながらモールス信号の仕組を学び、モールス信号の発信機を作れちゃいます。モールス信号の単純な構造を理解することを通して、通信の歴史や仕組みも楽しく学べます。
モールス信号を簡単に使いこなせちゃう、モールス信号一覧表も同封。これでスパイ気分。遭難時にもしかしたら助かっちゃうサバイバル技術が身についちゃうかも。
秘密の暗号で親子の会話、なんて夏の思い出にぴったり。子供たちはまず最初にどんなメッセージをくれるのかな?

--

子供の「学び」は目の前にある「好奇心」からうまれ、育つもの。

そんな子供の「好奇心」を自然なかたちで生み出し、子供の「学び」につなげてくれる実験キットを発表し続けているのがポルトガルのブランドが“M2P”。 “M2P”は科学者とデザイナーによるブランド。科学者が子供の「学び」について考えぬき、デザイナーが子供の「好奇心」としてデザインしている。

“M2P”  の送り出すキットは組み立てる過程がとにかく楽しい。身近な道具を使いながら、自分の手でだんだんと出来上がってくる様子は、本当にわくわくするもの。

出来上がったキットで子供同士で、親子で一緒に楽しめる。自分で作り上げたキットが実際に動いた瞬間は感動もの。シンプルなキットだからこそ、遊び方は無限大。

キットを作る過程、遊ぶ過程をとおして、現代の生活にも応用されている科学ストーリーが楽しく学べる。付属のマンガブックレットには自分で作り上げたキットが、現実の生活にいかに応用されているかやさしく、楽しく解説されている。

親子で楽しみながら、子供の「学び」を産み、育てるのにぴったりのブランドだ。何よりキットを通してコミュニケーションがうまれる。

実は “M2P” の実験キットは子供や親子だけでなく、大人にもファンも多いのが特徴。人気の秘密はそのデザイン性の高さと、高級感。おしゃれインテリアとしても大人気。


  • セット内容:作り方解説書(科学のなりたちや歴史付き)、通信要機械、キー2つ、ねじ5本、電池ケース、機械のフタ、LEDと電気セット
    ※ドライバー・電池は入っていません
    ※必須電池単四:3本
  • サイズ:90 × 8.5 × 7.5 cm
  • 箱サイズ:29 × 21.5 × 6.5 cm
  • 素材:プラスチック(本体)
  • 対象年齢:6歳〜

M2P(MAKE 2 PLAY) 手作り暗号機 Code Peer 実験工作キット

  • ラッピング可能

3,132円(税込)

残り1個  

倉庫出荷予定日: 2019年8月26日

TAKAHIRO KAKIYAMA

いらっしゃいませ!
商品について分からない事などありませんか?
商品の仕様や利用方法などお気軽にお尋ねください。

TAKAHIRO KAKIYAMA

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ