あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に 伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え

あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え
あなたの部屋が“エグゼクティブスイート”に|伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換え

このブランドの商品説明

きれいに掃除をして、花を飾った空間のように、その場の質まで上げる“香り”と出逢いました。

香りひとつで、“空間の模様替え“ができてしまう『KITOWA(キトワ)』のインセンススティックとリフレッシャーミスト。

目を瞑るとまるで、エグゼクティブスイートにいるかのよう。ひと吹きするだけで、空間の模様替えができるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真はリフレッシャーミスト(左から HIBA、HINOKI、KUSUNOKI)

いつの時代も日本人を癒してくれる「ヒノキ」「ヒバ」「クスノキ」の樹木から抽出した天然オイルを基調とし、それぞれに香水で使用されるファインフレグランスをブレンド。

440年にもわたる伝統の薫香技術を礎に、“日本の香り”を創ってきた熟練の調香師による創香です。

“和”の領域は越えず、モダンに昇華させた絶妙な心地よさ。おもてなしも、集中も、リラックスも叶えてしまう、新しい空間のスイッチです。


香りひとつで、“空間の模様替え”

香りひとつで、エグゼクティブ空間に誘われる感覚になる。空間の質と景色が変わったように感じるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA

香りは目に見えないもの。それでも、KITOWA の香りがふわりと漂うと、空間の“質と景色”が変わったように感じる不思議。香りひとつで、非日常空間に誘われる感覚です。

自宅やオフィスにリラックス空間をつくりたい時、ゲストをお迎えする時。インセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)の香りが、空間の模様替えをしてくれる|KITOWA

自宅やオフィスにリラックス空間をつくりたい時、ゲストをお迎えする時。香りひとつで、“空間の模様替え”をしてくれます。

自宅やオフィスにリラックス空間をつくりたい時、ゲストをお迎えする時。インセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)の香りが、空間の模様替えをしてくれる|KITOWA


深呼吸したくなる日本の樹木の香り

深呼吸したくなる日本の樹木の香り、誰もが心地よさを感じるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)
写真のお香立ては、有田焼の2通りのスタイルで香りを楽しめるインセンスプレート(別売り)

はじめてKITOWAの香りを体験した時、その場にいた誰もが自然と目を瞑り深呼吸していました。香りは嗜好性の高いもの。それなのに、皆が同じように心地よさを感じた理由。

それは、「ヒノキ」「ヒバ」「クスノキ」という、日本人が古来から癒されてきた日本の樹木が香りの軸にあるから。

日本人が古来から癒されてきた日本の樹木「ヒノキ」「ヒバ」「クスノキ」が香りの軸にあるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)
写真はインセンススティック(左から HINOKI、HIBA、KUSUNOKI)と有田焼のモダンなインセンスプレート(右奥)

わたしたちの生活を豊かにしてくれる樹木の香りを嗅ぎ分けて、日本人が共感し合える感性で「いい香り!」と喜んでいるような感覚です。


エレガントな余韻を残すブレンド

DNAレベルで「いい香り!」と喜べる日本の樹木の香りと西洋の香りをブレンドした、エレガントな余韻のあるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真はリフレッシャーミスト(左から HINOKI、KUSUNOKI、HIBA)

本品は香水で使用されるファインフレグランスを、それぞれの特性を生かした処方でブレンドしています。だから“素朴で安心”する香りを超えて、エレガントな余韻が残ります。

日本の樹木から抽出した天然オイルと、厳選された香原料とのマリアージュ。その配合の塩梅もバランス良く、とても美しい香りです。


3つの景色を香りで表現

日本人の心で描くことのできる「癒しの景色」を表現したインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真はリフレッシャーミスト(左から HINOKI、KUSUNOKI、HIBA)

香りは、“心で見る景色”。KITOWAが創香した3つの香りには、日本人の心で描くことのできる「癒しの景色」が表現されています。


神秘と生命力を感じる「HINOKI」

HINOKI(三重県産のヒノキ)|あなたの部屋がエグゼクティブスイートになる。伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換えが叶うインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真 (左)インセンススティック、(右)リフレッシャーミスト

古来より神社仏閣などの建造物に使われてきたことで、神聖なイメージを纏う「ヒノキ」。

三重県産のヒノキから抽出した天然オイルを軸に、ゼラニウムとイリスをブレンドして華やかさ、透明感を表現。さらに、サンダルウッド(白檀)のアクセントによって、奥の深い心地よさを重ねています。

日本人が深呼吸したくなる“あの香り”の輪郭は保ちながら、ヒノキが持つ生命力やスピリチュアルなイメージを描写するテクニックはさすがです。

《HINOKI》


深い懐に抱かれる「HIBA」

HIBA(青森ヒバ)|あなたの部屋がエグゼクティブスイートになる。伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換えが叶うインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真 (左)インセンススティック、(右)リフレッシャーミスト

日本三大美林のひとつである「青森ヒバ」は、直径70cmに成長するまでに300年かかるといわれています。つまり、他の樹木よりも3倍もの時間をかけてゆっくりと生きているということ。

青森ヒバから抽出した重厚感のある香りをベースに、ふくよかな甘さを持つトンカビーンズを加えて広がりを表現。パインニードル、ティーツリーという2種類の清涼感をブレンドしたことで、潔い瑞々しさも感じます。

厳しい北の風雪に耐えながら、ゆっくりと年輪を重ねるヒバの深い懐に抱かれているような心地よさです。

《HIBA》

ニッポンの南の島へ誘う「KUSUNOKI」

KUSUNOKI(屋久島産のクスノキ)|あなたの部屋がエグゼクティブスイートになる。伝統の薫香技術が生む「香り」で、空間の模様換えが叶うインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
写真 (左)インセンススティック、(右)リフレッシャーミスト

江戸期から樟脳(防虫剤)の原料として有名な屋久島産のクスノキ。南に位置する屋久島から、“ニッポンの南の島”をイメージして創香。

凛とした清涼感を持つクスノキの香りを基調とし、成熟したシトラス系の印象を放つベルガモットで、優美な爽やかさを味付け。オレンジ、グレープフルーツという温暖地帯の柑橘で香りの層を重ねて明るさを表現しています。

さらに、ムスキーなトーンを乗せることで、“おしろい”をはたいたような柔らかさや透明感を引き出しています。

《KUSUNOKI》


リセット・集中もかなえてくれる

集中したい時や気分のリセットにも、KITOWAの香りがひと役買ってくれるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)
写真のお香立ては、有田焼の「インセンスプレート」。プレートにはKITOWAのブランドロゴが浮かび上がる装飾が。

集中したい時や気分のリセットにも、KITOWAの香りがひと役買ってくれます。

MONOCOのオフィスはいつも賑やかなので、思考が散漫になることも多々あります(笑)。

試しに本品を焚いてみたら、「うわぁ〜、いいねぇ」と口々に香りの感想を言い合っていたのも束の間、急に静まり返ってそれぞれの業務に没頭。部屋の中でタイピングの音だけがコダマするという驚きの体験でした。

会議中でも議論が行き詰まったら、思考のリセットとして活躍する。ミニ香立が付くインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)
インセンススティックには、写真のミニ香立が付属しています。

香りを感じる「嗅覚」は五感の中で唯一、情動へダイレクトに伝わる感覚といわれています。

だから、場所を変えなくても、香りによるスイッチを入れるだけで、瞬時に脳がリセットモードに入った感覚に。

会議中でも議論が行き詰まったら、思考のリセットとして活躍する。ミニ香立が付くインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
リフレッシャーミストは、お部屋の空間はもちろん、クッション、カーテン、ソファなどのファブリックにも使えます。

オフィスで賑やかにディスカッションをした後、「よし、今から集中タイムに入ろう!」と気分を切り替える時、ミストを“シュッ”とひと吹きが習慣になりました。

ミーティング時の休憩時間にも“シュッ”。香りのスイッチで、緩急のリズムをつけやすいので、短い休憩時間でもリフレッシュした感があります。

おやすみ前にベッドカバーに“シュッ”。最近取り入れはじめた、私のお気に入りの「スリーピングセレモニー」。香りとともに、心地よく睡眠モード入る感覚がやみつきになります。

集中したい時や気分のリセットにも、KITOWAの香りがひと役買ってくれるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA


伝統の薫香技術による創香

KITOWAの香りは、1575年創業、線香をはじめとする“ニッポンの香り”を生み、香り文化を広めた『日本香堂』のトップパフューマーによる創香です。

線香をはじめとするニッポンの香りを生み、香り文化を広めた『日本香道』のトップパフューマーによるインセンススティック(お香)とリフレッシャーミスト(ルームフレグランス)|KITOWA
ブランドロゴは、横から見るとKITOWAの「K」、縦に見ると樹木の「木」になるようデザイン。

熟練の調香師は、自分の香りのパレットに1500〜2000種類の香りを持っているそうです。

まずは日本の樹木という原料香料を嗅ぎ、インスピレーションをわかせる。そこへ景色や体験、経験をイメージしながら、自分のパレットから香りを引き出し、香りのメロディを描く。

440年にもわたる伝統の薫香技術を礎に、受け継がれた至高の技があるからこそ、自由な香りの表現ができるのですね。


《ここだけの話》編集者 井上まさこ

どうしても自宅で原稿を書くことができない私は、集中したい時は近所のカフェへ行くのが執筆時のルーティンでした。

家で仕事ができない理由は、テーブルの高さなど環境が整っていないせいもあるけれど、“プライベート空間”過ぎて、思考がうまく切り替えられない点。

そんな私が先日、家でKITOWAのインセンススティックを焚いていたら、いつもと違う空間に切り替わった感覚になり、妙に冴え出して、そのまま原稿を一本書き上げてしまったのです。自分でも驚きました(笑)。

翌日の帰宅時、ドアを開けた瞬間にいい香りが漂ってきたのも高揚ポイント!

ちょっと自分には贅沢な買い物かなぁ、と思ったのですが、香りひとつで空間も気分も変化して、次の日も香りがやさしく持続するのなら、生活に取り入れたい!と思いました。

このブランドの商品を選ぶ

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ