お湯の温度が計れる「ケトル」 マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE

お湯の温度が計れる「ケトル」|マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE
お湯の温度が計れる「ケトル」|マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE
お湯の温度が計れる「ケトル」|マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE
お湯の温度が計れる「ケトル」|マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE

商品ストーリー

コーヒーやお茶を美味しく淹れるためには、秘訣があります。それは「温度管理」です。

例えば、コーヒーなら香り高く、美味しい成分を抽出させる「90〜96℃」、煎茶なら渋みを抑えて旨味成分を引き出す「80℃」。この温度管理ですが、今まで私たちは沸騰したお湯を少しおいて、“感覚的”に行っていました。

STAG POUR-OVER KETTLE(スタグ・ポアオーバーケトル)は、温度計付きのケトル(ガスコンロ・IH対応)。2℃刻みの温度計が蓋部分に搭載されていて、“一目”でいま何度かが分かります。つまり、あなたの好きな飲み物(コーヒーや紅茶、そして緑茶など)の最適な抽出温度を理解していれば、誰でも簡単に美味しく淹れることができます。

普段何気なく飲んでいるコーヒーやお茶。このスタグケトルで、淹れるところから味合うまでの“体験”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

美味しいコーヒーやお茶が淹れられる温度管理が可能なケトル・やかん


沸かすから、味わうまでが“体験化”

お湯の温度が見える温度計付きのお洒落なケトル・やかん

温度管理するだけで、そう変わるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スタグケトルを使ってみてまず驚くのは「温度計を覗き込む」という行為が実は新しいということ。お湯の温度がドンドンと上がってくるのを見ると、適温までまだかまだかと楽しくなる気分に。お湯の温度を可視化してくれるだけで、お湯を沸かしている間のコーヒー豆や茶葉の用意がスマートになるのが実感できます。

飲み物の最適な温度が分かるスタイリッシュなケトル・やかん

温度計は、2℃刻みで表示。アメリカのブランドですが、摂氏(℃)表示になっているので私たち日本人にとっても安心。コーヒーのドリップに最適と言われる「90〜96℃」部分は赤くハイライトされています。同じコーヒー豆であれば、どの温度で淹れたら美味しかったのか、味を“比較”できるのも楽しみの一つ。

好きな飲み物の最適な温度を“自分”で見つける楽しさがスタグケトルにはあります。


《コーヒー・お茶の最適なお湯の温度》

コーヒー・お茶の最適なお湯の最適な温度



“機能”と“美”は切り離せない

機能的で洗練されたスタイリッシュなデザインのケトル・やかん
スタグケトルの評価するべき点は、その洗練されたデザインにもあります。「“機能と美は切り離せない”という人達のためには自分たちは存在する」と、CEOのジェイク・ミラー氏。2016年1月には、ライフスタイル雑貨のメッカ「NY NOW(ニューヨークのデザインプロダクト見本市)」で見事ベストインマーケット賞を受賞。コーヒー文化が育ったサンフランシスコ発なだけに、並大抵ではないプロダクトデザインへの情熱が注がれています。

そのデザインへの情熱が垣間見れるのが「注ぎ口」と「カウンターバランス・ハンドル」。どちらも使い手のことを極限まで考えつつ、こだわりを感じられるデザインです。

① 一定量のお湯を的確に注げる、精度の高い注ぎ口。一定の細さで狙った場所にお湯を静かに落とすことができます。

②握りやすく、重心を均衡する「カウンターバランス・ハンドル」。ハンドルの少し出っ張った部分に親指を添えるだけで、本体の重心が手元によるように設計され、ぐらつきを抑えながら、お湯を注ぐことができます。力を必要としないので、女性にも◎。400〜500ml 程度のお湯であれば、注ぎ口の先まで感覚があるくらいの軽さと安定感でした。




《ここだけの話…》柿山 丈博(編集者)

コーヒーを毎日飲みますが、毎日気に入ってスタグケトルを使っています。自宅に浄水器があるので、そのまま水をスタグケトルに注ぎ、90℃になったら火を止めています。カルキ飛ばしのために100℃になるまで沸騰させて、わざわざ冷めるまで待たなくてもいいのがかなりお気入りのポイント。(本当のカルキ抜きをしようとすると、実は沸騰を40分ほど続けないといけないらしいので)ウォーターサーバーや浄水器を持っていたら、このスタグケトルはかなりおすすめです。オフィスには浄水器はありませんので、普段よりも少し熱めの96℃で火を止め、コーヒーを入れたところ、問題なく美味しいコーヒーを淹れることができました。

煎茶も試してみたところ、一度沸騰させて、適温である80℃まで冷めるのにかかった時間は28分。ステンレス性のケトルなので保温性が高く、温めのお湯を作りたい場合には、やはり浄水した水から作り、適温になったら火を止めるのがベスト。80℃で淹れた煎茶は、いつも飲んでいるものよりも香りが高く、トロンとした飲み口でとても美味しく感じました。

コーヒーと煎茶、どちらも適温で火を止めて淹れることができるので、時短になり、来客時やすぐに飲みたいときにぴったりです。

あと野菜・肉の鮮度が保てる、最近よく聞く「50度洗い」にももってこいですね。我が家では、毎度失敗していたあさりの砂抜きも、50度のぬるま湯でやってみたら、驚くほど簡単にできちゃいました。

温度計付きのケトルでここまでおしゃれなものがないのも事実。デザインがとにかく素敵なので、キッチンカウンターにむき出しに置いていますが、毎度目に入るたびに「あ、ある♡」とデザインに惚れています。


《お手入れ方法》

使用後は柔らかいスポンジで洗う事をお勧めします。固いブラシ、金属たわし、研磨剤、漂白剤で洗うと傷がついたり劣化する原因となります。洗浄後、余分な水滴をふき取りよく乾燥させて下さい。塩分や油分が付着したまま放置すると腐食の原因となりますのでご注意ください。使用しているうちに内部に白い斑点が生じる場合がありますが、水に含まれるカルシウムやマグネシウムによるものです。人体に害はありませんが、使用毎に洗浄、乾燥させることで防ぐことができます。気になる際は市販のポット洗浄剤、クエン酸などをご使用の上、お手入れしていただけます。


《商品仕様》

  • カラー:マットブラック
  • 対応電源:ガスコンロ、IH(電子レンジ、オーブン不可)
  • 容量:1リットル
  • 本体サイズ:H16.5 x W27.5 x D13cm
  • 重さ:(約)500g
  • 素材:ステンレス(304 18/8)、PP(BPAフリー)
  • 受賞歴:2016年 NYNOW Best In Market 賞
  • 化粧箱あり
  • 日本語取扱説明書付き

※本商品は、電気ケトルではございません。

この商品に関する投稿

  • お湯の温度が最適なら、いつもの飲み物がさらに美味しい
  • 「の」の字を書くようにお湯を注ぐと美味しくなりますよ
  • 注ぐお湯の量が調節できる「親指グリップ」
  • MONOCOオフィスのパントリー紹介
  • お湯の温度で、コーヒーの味が変わる

お湯の温度が計れる「ケトル」 マットブラック|沸かすから、味わうまでが“体験化”、コーヒー・お茶の最適なお湯の温度が一目で分かる温度計付きケトル | STAGG POUR-OVER KETTLE

  • 送料無料
  • ラッピング可能

15,120円(税込)

倉庫出荷予定日: 2019年7月18日

TAKAHIRO KAKIYAMA

いらっしゃいませ!
商品について分からない事などありませんか?
商品の仕様や利用方法などお気軽にお尋ねください。

TAKAHIRO KAKIYAMA

この商品に関する記事

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加
上へ