HOME > お湯の温度が計れる「ケトル」

お湯の温度が計れる「ケトル」

適温で淹れれば、コーヒー・お茶が美味しくなる

コーヒーやお茶を美味しく淹れるためには、秘訣があります。それは「温度管理」です。

例えば、コーヒーなら香り高く、美味しい成分を抽出させる「90〜96℃」、煎茶なら渋みを抑えて旨味成分を引き出す「80℃」。この温度管理ですが、今まで私たちは沸騰したお湯が冷めるまで待ち、“感覚的”に行っていました。

STAG POUR-OVER KETTLE(スタグ・ポアオーバーケトル)は、温度計付きのケトル(ガスコンロ・IH対応)。2℃刻みの温度計が蓋部分に搭載されていて、“一目”でいま何度かが分かります。つまり、あなたの好きな飲み物(コーヒーや紅茶、そして緑茶など)の最適な抽出温度を理解していれば、誰でも簡単に美味しく淹れることができます。

普段何気なく飲んでいるコーヒーやお茶。このスタグケトルで、淹れるところから味合うまでの“体験”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

美味しいコーヒーやお茶が淹れられる温度管理が可能なケトル・やかん

沸かすから、味わうまでが“体験化”

お湯の温度が見える温度計付きのお洒落なケトル・やかん

温度管理するだけで、そう変わるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、スタグケトルを使ってみてまず驚くのは「温度計を覗き込む」という行為が実は新しいということ。お湯の温度がドンドンと上がってくるのを見ると、適温までまだかまだかと楽しくなる気分に。お湯の温度を可視化してくれるだけで、お湯を沸かしている間のコーヒー豆や茶葉の用意がスマートになるのが実感できます。

飲み物の最適な温度が分かるスタイリッシュなケトル・やかん

温度計は、2℃刻みで表示。アメリカのブランドですが、摂氏(℃)表示になっているので私たち日本人にとっても安心。コーヒーのドリップに最適と言われる「90〜96℃」部分は赤くハイライトされています。同じコーヒー豆であれば、どの温度で淹れたら美味しかったのか、味を“比較”できるのも楽しみの一つ。

好きな飲み物の最適な温度を“自分”で見つける楽しさがスタグケトルにはあります。


《コーヒー・お茶の最適なお湯の温度》

コーヒー・お茶の最適なお湯の最適な温度

お客様のカートにまだ商品はありません。