触る時計『EONE』 《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE

触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE
触る時計『EONE』|《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE

商品説明

針のかわりに時を刻む、「二つのボール」。MONOCOで人気の触る時計『EONE(イーワン)』から、待望の新作「EDGE」が登場しました!

“時間を触る”ことを追求し続ける時計ブランドが、新たなデザインアプローチで時間と向き合ったモデルです。

新たなデザインアプローチで時間と向き合ったモデル、エッジの効いたオールブラックの「腕時計」 | EONE《EDGE》

5つの円を削り出し、目盛りを加えた文字盤には、シャープで洗練されたインデックスが行儀よく配置されています。質感のコントラストや縦横の凸デザインを加えることで、より時刻が認識しやすくなりました。

何より、エッジの効いたオールブラックにひと目惚れ。角度によって変化するインデックスの表情も印象的です。これまでのデザイン(BRADLEYシリーズ)とはひと味違う“顔”に仕上がりました。

磁力で静かに時を刻む、「二つのボール」


5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したモデル、洗練されたマットブラックの表面「腕時計」 | EONE《EDGE》

触る時計『EONE』といえば、時間を教えてくれる「二つのボール」が特徴。MONOCOが最初に取り扱った原点ともいうべき商品で、どのモデルもたくさんの方から愛されてきた時計です。

待望の新作である「EDGE(エッジ)」は、より“時間を触る”機能美を際立たせたデザイン。洗練された細いインデックスの表面には、光沢加工が施されており、マットな文字盤との質感のコントラストを一層感じる仕上がりに。

磁力で静かに時を刻む、“時間を触る”機能美を際立たせたデザインの「腕時計」 | EONE《EDGE》

文字盤には5つの円が凸状に削り出されており、インデックスの長さ、つまり時刻がより確認しやくなりました。

機能に従う形でありながら、理屈抜きに「かっこいい!」と思わせてもくれるデザイン設計は、さすがEONE。男性でも女性でも、手元に知的なインパクトを与えてくれます。

時刻がより確認しやくなった、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》

レザーバンドには、世界的権威のあるデザインメディア「Dezeen」とのコラボデザインを採用しています。

そもそもEONEは、本体に磁石を内蔵させ、その磁力によってボールが静かに“時を刻む”という仕組み。



ケース表面に配されたボールは「分」を、側面のボールは「時(じ)」を指しています。なぜ「分」が表面なのか?それは、私たちが「何時」よりも「何分」なのかを確認する頻度の方が高いという、“習慣”をデザインしているから。

手元に知的なインパクトを与えてくれる、5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したモデルの「腕時計」 | EONE《EDGE》

ボールは強く触ると動くものの、軽く振るだけで、また元の位置へと戻ります。静かに“ピタッ”と正確な場所へ帰る、この動きが気持ちいいのです!

EONEはすべての人が楽しめる、ユニバーサルデザイン時計。視覚障がい者の方々にとって心地よいデザインであるとともに、おしゃれを楽しむすべて人の生活やスタイルにも快くフィットします。

すべての人が楽しめる、ユニバーサルデザイン時計「触る腕時計」 | EONE《EDGE》

例えば、大事なミーティングや来客中、真っ暗な映画館の中で…、目視で時間を確かめにくい状況でも、手でそっと触るだけで時間を確認できるのです。

誰かに語りたくなるのも、この時計の魅力。慣れ親しんだ「長針」「短針」の概念をぶち破るデザインはかなり目を引きます。

腕時計の概念を破る、誰かに語りたくなる魅力の二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》

実際に、初対面の方との名刺代わりのコミュニケーションツールとしても活躍中。EONEのアイデンティティを持ち歩いているような感覚です。
針をなくすことで行き着いた「触る時計」


従来の視覚障がい者向けの腕時計の概念を打ち破る洗練された美しい「触る腕時計」 | EONE《EDGE》

従来の視覚障がい者向けの腕時計は、長針と短針を直接触って時間を確認するため、ガラス蓋が開く設計。でも、針に直接触るため壊れやすく、時間も狂いやすいという問題がありました。

そんな視聴覚障がい者たちの悩みを、デザインから解決しようと立ち上がったのが、アメリカの時計ブランド『EONE』です。

5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》

日常の“あたり前”についてもう一度見つめ直し、固定観念を捨て、視点を変えて問題解決に取り組む。まず、時計の機能とデザイン、このふたつをEONEチームが根本的に解体しました。

「時を知るために、なぜ針が必要?」
「時計の強度を上げるために、頑丈にしなくてはならないのか?」
「視覚障がい者にとって、“美しいデザイン”ってなんだ?」。

幾度もの視覚障がい者の方々からのヒアリングを重ね、EONEチームが出した答えは「針をなくす」ことでした。

幾度もの視覚障がい者の方々からのヒアリングを重ね針を無くした「腕時計」 | EONE《EDGE》

「強く触って、動いても戻ればいい」、「触り心地が良く、すべてが一体化されたデザインは、視覚障がい者にとって“美しい”」のだと。

その結果、磁力を利用して小さなボールに時を刻ませる発想に行き着いたのです。たとえ強く触っても「針を潰してしまう」心配がなく、その美しいデザイン性にも心を奪われます。
「ユニバーサルデザイン」を定義し続けるEONE


Kickstarterで、史上13番目に多額の資金を調達し、製品化された腕時計 | EONE《EDGE》

クラウドファンディングサービス Kickstarterで、史上13番目に多額の453,868ドル(約4,500万円)を調達し、製品化されたEONE。

EONEのオリジナルモデル「BRADLEY」は、ロンドンパラリンピック(2012年)、リオパラリンピック(2016年)の水泳競技での金メダリスト、ブラッドリー・スナイダー氏へのリスペクトから名付けられています。

2011年のアフガニスタンで爆弾処理部隊として在役中に爆発事故に遭い、視力を失った彼は、翌年のパラリンピックでふたつの金メダルと銀メダルひとつを獲得。EONEチームは、ブラッドリー氏にブランドの「想い」を重ねました。

ブラッドリー・スナイダー氏|5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》
ブラッドリー・スナイダー氏(着用モデルは「MESH BLACK」)

EONE は、“Everyone”の略。視覚がい害者のために開発された“触る時計”でしたが、「WE BELIEVE THAT GOOD DESIGN IS NOT EXCLUSIVE BUT INCLUSIVE(素晴らしいデザインは皆のためのもの)」という開発理念を背景としています。

「BRADLEY」はプロトタイプがつくられてから、ブラッシュアップに2年を費やして導き出した、美しいユニバーサルデザイン時計の解答なのです。

美しいユニバーサルデザインの二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》

新作モデル・EDGEの文字盤には、5つの円が凸状に削り出され、競技場のレーンのようにも見えます。まるで、ブラッドリー氏の挑戦を思い起こすような新デザインは、挑み続ける人の背中を押してくれるはずです。

5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE《EDGE》

仕様・インフォメーション

  • 対象 : ユニセックス
  • リストサイズ : 調整可能(160〜215mm)
  • 重量:66g
  • ケースサイズ : 直径40mm
  • ケース厚さ : 11.5mm
  • ケース素材 : ステンレススチール、セラミック
  • ストラップ素材 : 本革(イタリアンレザー)
  • 電池 : RENATA 371 ボタン電池x1
  • 保証 : メーカー保証1年間
  • 防水レベル : 50m防水

※日常生活での汗や洗顔のときの水滴、雨などに耐えられるものですが、水仕事には使用しないで下さい。
※水上スポーツ、素潜り(スキンダイビング)、潜水など、水圧の変化が激しい条件では使用しないで下さい。

この商品に関する投稿

  • 針をなくしたことで生まれた「“触る”という価値」をさらに追求

触る時計『EONE』 《EDGE》5つの円と縦横の凸で“時間を触る”を追求したNEWモデル、二つのボールで時を刻む「腕時計」 | EONE

  • 送料無料
  • ラッピング可能

42,660円(税込)

残り1個  

倉庫出荷予定日: 翌日(2018年8月20日)

TAKAHIRO KAKIYAMA

いらっしゃいませ!
商品について分からない事などありませんか?
商品の仕様や利用方法などお気軽にお尋ねください。

TAKAHIRO KAKIYAMA

お買い物ガイド

  • MONOCOでは、バイヤーが実際に3週間以上使い、本当に満足した商品だけを取り扱っています。
  • 午前9時までのご注文(支払い済み)は当日出荷いたします。
    ※在庫のある商品に限ります。
  • ご購入金額10,000円以上で送料無料です。
    ※特別配送便を除く

新着商品と“ここだけの話”をお届けします。

LINE@だち追加