HOME > コーヒーが毎日の楽しみになる「フレンチプレス」

コーヒーが毎日の楽しみになる「フレンチプレス」

誰でも簡単に、香り高いコーヒーを淹れる3つの秘訣

美味しいコーヒーを淹れる方法として、根強い人気なのが「フレンチプレス」。紅茶を淹れるように、誰でも簡単に香り高いコーヒーを淹れることができます。

人気の理由は、その「簡単さ」。粉を入れてお湯を注ぐだけで、豆本来の旨味成分を余すことなく引き出せるからです。


誰でも美味しいコーヒーを淹れる3つの秘訣。

美味しいコーヒーが淹れられるフレンチプレス

フレンチプレスを使って、美味しいコーヒーを淹れる秘訣は、基本的には3つ。

① コーヒー豆は、豆のままで買ってくる
② 飲む直前に、豆を挽く
③ 蒸らす時間はジャスト4分

《こんな人におすすめ》
・これからコーヒーを自分で淹れてみたい人
・普段ペーパードリップでコーヒーを淹れていて、味覚にレパートリーが欲しい人
・急な来客時に確実に香り高いコーヒーを一度に3杯以上淹れたい人


味が決まる「豆」と「金属フィルター」。

金属フィルターが美味しい淹れ方、フレンチプレス

豆のまま買い、飲む直前で挽く理由は、コーヒーを淹れたときに豆の香りと旨味成分をダイレクトに楽しむことができるからです。逆に、粉の場合、保存が難しく、豆が酸化しやすいので、香りも旨味も激減したコーヒーを淹れることになってしまうので注意が必要です。

このコーヒーの香りと旨味が凝縮されているのが「コーヒーオイル」(コーヒーから摘出される油分のこと)。元々コーヒー生豆の20%は脂質。豆を焙煎する過程で、熱反応や加水分解でコーヒーの香りや旨味がこの油分に取り込まれていくことになります。ペーパードリップで淹れたコーヒーは、そのコーヒーオイルの大半が紙フィルターに吸着されてしまいます。

そこでコーヒーオイルを上手く抽出してくれるのが「金属フィルター」。コーヒーオイルを吸着することなく、香りと旨味成分を抽出してくれます。


フレンチプレスなら、コーヒーを淹れる時間が毎日の“楽しみ”に。

使い方も簡単なのでオススメのフレンチプレス

金属フィルターでコーヒーを淹れる代表的な器具が、まさに「フレンチプレス」なのです。フレンチプレスでも、特にMONOCO 編集部が注目しているのがイギリスで生まれた「BARISTA & CO」。コーヒー器具では、近年稀に見るその美しいデザインに魅了されました。コーヒーを淹れる時間が、毎日の楽しみになる。実際に BARISTA & CO でコーヒーを淹れてみたところ、一連の作業をしていることにまず高揚感があり、とにかく楽しく感じることができました。

上記の3つの秘訣を守って、「フレンチプレス + グラインダー」の組み合わせでコーヒーを淹れたところ、本当に香り高いコーヒーを淹れることができました。ミルクを入れて、手軽に本格的なカフェラテやカプチーノを楽しみたい方は、ミルクフローサー(ミルク泡立て器)もおすすめです。このミルクフローサーであらかじめミルクを泡立て、電子レンジで加熱すると、簡単にふわふわミルクの出来上がり。約60〜70℃までミルクが温められているので、そのままコーヒーに入れても冷めないのが感動的でした。


COFFEE PLUNG POT
〜 手軽に香り高いコーヒーが淹れられる、洗練されたデザインの「フレンチプレス」(3杯用、または8杯用)〜
おしゃれなデザインのフレンチプレス

GLINDER JAR
〜 飲む直前で、豆が挽ける「グラインダー」(挽き立ての豆が携帯できる専用ジャー付)〜
飲む直前で豆を挽くのが美味しい淹れ方、コーヒーグラインダー

MILK FROTHER
〜 ふわふわのミルクが簡単に作れる「ミルクフローサー(ミルク泡立て器)」〜
ふわふわのミルクができるミルクフローサー(ミルク泡立て器)

お客様のカートにまだ商品はありません。