HOME > 食卓の笑顔をつくる「無水鍋」

食卓の笑顔をつくる「無水鍋」

“カーボン”で、お父さんが料理上手になれる理由

煮る、茹でる、炊く、焼く、蒸す、炒める、オーブン。
料理ができるあなたも、これから料理をしていきたいと思っているあなたも、ひとつの鍋で7つの調理方法、すべてをこなす鍋があったら、すごいと思いませんか? 切った食材をポンポン鍋に入れて、蓋をするだけで、誰でもかんたんに素早く、美味しく料理ができちゃう鍋です。しかも、水はつかわない“無水鍋”です。

そんな夢のような鍋が『ANAORI CARBON POT(アナオリ・カーボン・ポット)』。
20年前に高級炊飯器の一躍ブームを支え、その内釜を手がけてきた穴織カーボン(大阪府・高槻市)による力作です。

この無水鍋に採用したのは、20年以上前から研究開発を行ってきたカーボングラファイトと呼ばれる炭(炭素)素材。「世界で最も美味しい炊飯ができ・素材の味を引き出せる調理器具」を目標とし、行き着いた答えが「カーボン」だったのです。


ご紹介する商品は全部で2種類。
どちらのカーボン無水鍋もひとつで7役。桁違いの熱伝導率と遠赤外線放射で、誰でもかんたんに本格的な味を楽しむことができます。
形に応じて、より適した調理方法が変わってきますので、最適なお鍋をお選びください。


①お米2〜3合炊くのに丁度良い大きさ。炊飯、スープ、リゾット、煮物など「炊く」「煮る」に最適。
蒸気の対流で、うま味凝縮にこだわるなら、OVAL(スーパー楕円タイプ)



②間口が広いので「焼く・炒める」の裏返しがしやすいのが特長。
底面がフラットなので、「炊く」「煮る」に加え、「焼く」「炒める」「オーブン」に適した、VOL(底面フラットタイプ)


お客様のカートにまだ商品はありません。