HOME > 「魅せる」収納《Story》
MONOCO JOURNAL

「魅せる」収納《Story》

よく使うモノを収納し、「魅せる」3つの秘訣



日々よく使うものを収納しておくには、オープン棚が便利。でも棚がオープンなだけあって、無雑作に収納してしまうと、ごちゃごちゃして美しくないですよね。しかも、魅せる収納にトライしたけど、基本を押さえていなかったので、使っていくうちにさらにごちゃごちゃ感が増すなんてことも。

そんなオープン棚ですが、ちょっとした工夫で「魅せる」ことができます。今回は収納を“魅せる”の3つの秘訣をご紹介します。


①「見せる」と「見せない」は半々に

扉のないオープン棚は、日頃よく使うものを片付けておくにはとっても便利。でも、便利だからこそ、無雑作にモノを収納してしまい、使っていくうちにごちゃごちゃした見た目になりがちですよね。
そこで MONOCO 編集部としておすすめなのが、収納するモノを「見せると見せないを半々」に整理すること。

見せるものは、形が揃っているもの気に入ってるオブジェ。見せないものは基本的には、形や大きさが揃わない、普段よく使うもの。例えば、ダイニングだと、文房具や郵便物、お茶やお菓子。リビングだと、子供のおもちゃや薬箱、ゲーム機などなど。こういったごちゃつきやすいものは、カゴやケースでまとめて、見せないようにするのがマストです。


②配置はジグザグ

見せるものと見せないものを整理したら、次はどのように配置するか。
魅せるための基本は「ジグザグ」です。



本やオブジェといった見せたいものを決めたら、見せないものと“ジグザク”になるように収納していきます。もちろん季節や気分によって、見せたいものや配置を変えるのも「魅せる収納」を楽しむ醍醐味。



このとき、MONOCO 編集部としておすすめなのが、棚板の間隔が調整しやすいスチールラック。特にイタリア製のスチールラックは、ボルトを一切使わず、いつでも簡単に高さを調整できます。しかも、とても軽くて、棚板につき150kg の重さまで耐えられるのも◎。


③バランスは下から上へ

「ジグザグ配置」と同じくらい大切なのは、使い勝手や見た目のバランスも考えて、モノの定位置を決めること。頻繁に使うモノは、無理のない姿勢で使える高さに置き、重たいモノは下段にしまうと安全です。



これは見た目を意識しても、実は理にかなっていて、下段には、とっさの片付け用に大きなボックスやカゴ、使いやすい高さの棚には、より頻繁に使う日用品を収納したカゴ、そして上段には薄く明るい色のモノを少しだけディスプレイすると、見た目も美しいバランスになります。つまり、下段には濃い色のモノ、上段には明るいモノの配色がおすすめです。

配色は3色以上使わないのが王道ですが、上記の秘訣3つを意識すれば「魅せる収納」の基本を押さえています。なので、色のバランスは気にせず、魅せる収納を楽しむことからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 Editor's Note

柿山 丈博
今回の記事でご紹介させていただいているイタリア製のスチールラックですが、実はイタリアを代表するメゾンブランドのバックヤードでも愛用されています。お客様の目につかないバックヤードまで、これだけハイセンスなスチールラックを使っているのはさすがの一言。ラックはモノにとっての舞台のようなものなので、そのモノがどう大切にされ、輝きを放つかはその“舞台”によるなと強く感じています。

ちなみに、インテリアの雰囲気を演出するマストアイテムとして「洋書」がおすすめです。洋書は、いまではコーヒーテーブルブックと呼ばれるくらい、ソファの前のテーブルにちょこっと置いてあげるだけで、お部屋の雰囲気が格段にアップするアイテム。表紙や本のタイトルにアルファベットが書かれているので、不思議と全体が締まりますよね。大型書店の洋書コーナーで見つけた好きな洋書や写真集をディスプレイとして飾り、たまには本を手に取り、ゆっくり考える時間に耽るのもいいですよね。

お客様のカートにまだ商品はありません。