HOME > パジャマは、睡眠時の“正装”《Story》
MONOCO JOURNAL

パジャマは、睡眠時の“正装”《Story》

スウェット・ジャージが快適な眠りを妨げていた

仕事にいくときは、スーツやジャケットを着るように、眠りのためにも“正装”がある。それは、ジャージでもなければ、スウェットでもない。「パジャマ」である。



スウェット・ジャージが眠りを妨げていた

朝起きて「あぁ、よく寝た」と思える条件は2つ。①寝付きまでの時間が早いことと、②寝ている間に起きた回数(中途覚醒回数)が少ないこと。

ワコールとオムロンの共同実験の結果によると、ジャージやスウェットで寝ている人は、寝付きまでの時間は平均約47分。パジャマを着ている人だと平均で38分。パジャマを着るだけで、寝付きにかかる時間が平均9分も短縮されたという。さらに夜中に目が覚める回数が、平均3.54回から3.01回に減少。これはあくまで平均値なので、人にとっては歴然の差が出たという。





眠りのメカニズムとパジャマの密接な関係性



パジャマは、寝付きをよくし、夜中の目覚める回数を減らす。なぜパジャマを着るだけで、上質な睡眠が得られるのか。

そもそも人間は体温差を感じないと眠くならない。寝ているときはあまり気づかないかもしれないが、体温を下げるためにかなりの汗をかいている。大量に発汗することで、体温をぐんと下げ、体を深い眠りに誘うのだ。一夜に人間がかく汗の量は、なんとコップ1杯分!

この時に重要になってくるのが、睡眠時の服装である。汗をしっかり吸収するだけではなく、汗を放散してくれる素材で作られたものが望ましい。

ジャージやスウェットの場合、生地が厚く、吸湿性や通気性に優れない。つまり体の熱が放散されないので、体温が下がりにくく、深い眠りに導く“儀式”が行われにくい。また生地に厚みがある分、寝返りの邪魔になるだけではなく、縫い合わせ部分の厚みが体にストレスを与え、無駄な寝返りを増やしてしまう。この、寝返る回数が増えるにも関わらず、寝返りが打ちづらいことのダブルストレスが、快適な睡眠を妨げる中途覚醒の原因となっているのだ。

その点、パジャマは「眠るために作られた服」。通気性と吸湿性に優れたコットンやシルクなどの天然素材で作られた生地が汗を吸収してくれることで寝付きが良くなり、身体を締め付けないサイジングと糸の細い生地が、不必要な寝返り回数を減らしてくれる。子供のときに意識しないで着ていたパジャマだが、実はしっかり眠るための仕事をしてくれていたのである。


睡眠を“日常”から切り離す



パジャマには、「起きている時間」から「眠る時間」へと気持ちを切り替えてくれる心理的効果も。部屋着のまま寝るのではなく、パジャマに着替えることで「よし、今日も終わった、寝るぞ」という気持ちになる。実際に“スリープセレモニー(睡眠儀式)”という言葉が存在するが、歯磨きや洗顔に加えて、パジャマに着替えることで、頭が睡眠モードに切り替わる。

なかなかパジャマを着るという発想がなかったかもしれない。それはMONOCO でもお馴染みのパジャマブランド『GOOD NIGHT SUIT』デザイナー・神鳥氏も言うように、上質な睡眠を追求する“おしゃれな”パジャマがなかったからだ。

上質な睡眠を実現できるパジャマを追求すると、行き着く答えがある。それは、汗の吸湿性と通気性を実現する「糸の細さ」と、寝返り回数を減らして夜中の起きる回数を減らす「サイジング」だ。

素材とサイジング、この2つのパジャマを選ぶポイントを抑え、ぜひとも睡眠には“正装”で挑んでもらいたい。




 Editor's Note

柿山 丈博
寝ているときに汗をかくのは知っていましたが、なんとコップ1杯分とは!と驚きました。
快適な睡眠のために、気持ちいなぁと思える肌触りと汗を吸い取ってくるパジャマも大切ですが、起きたときの水分補給も大切にしたいですね。
健康のためには、そういった当たり前のことをコツコツと続けて、習慣化することが重要だと改めて感じました。

お客様のカートにまだ商品はありません。