HOME > ちょっと余裕なピクニック
MONOCO JOURNAL

ちょっと余裕なピクニック

春のそよ風を感じながら、ワインやチーズを堪能する

ワインやチーズ、バケットを“自由”に入れて
150年の伝統が生きる、こだわりの手作りバスケット
濃厚で酸味がある白カビチーズと一緒に
あなたの休日を格別にする、幻のシャンパーニュ
白ワインを即冷/即デキャンタージュ
いつでもどこでもすぐに白ワインを飲み頃に
氷が溶けない純チタンカップ
白ワインやビールを飲みながら、じっくり会話を楽しみたい
ワインがちょっと余ったら
酸化防止ストッパーで、お家に持ち帰って飲みなおし
“冷やしながら”、一晩ゆっくりドリップ
本格的な喫茶店のアイス珈琲の味わいを芝生で堪能

 Editor's Note

柿山 丈博
お、今日は晴れている。なんだか外でのんびりしたいな。
思い立ったが吉日。そんなときはワインやチーズ、惣菜を買って、近くの公園にピクニックへ。
もちろん日頃読もう読もうと思って、読めていなかった本や雑誌も一緒に。

ピクニックの基本は、キャンプやBBQのように形式ばらず、思い思いに楽しむこと。
自由であることが大切なので、できるだけ手間をかけず、料理も手軽なものにしたいけど、感動は作りたい。

そこで、いつものピクニックにスパイスを与えてくれそうなアイテムを選んでみました。
なるべく時間はかけず、なおかつ手軽、でもピクニックをより良いものに。
ちょっと“余裕”なピクニックの提案です。

お客様のカートにまだ商品はありません。