HOME > 長時間のPC作業でお疲れではないですか?
MONOCO JOURNAL

長時間のPC作業でお疲れではないですか?

肩こりや目の疲れを予防するアイテム6選

長時間、間違った姿勢を続けていませんか?
「姿勢拘束」からあなたを“解放”するデスクトップスタンド
画面を見ただけでエスプレッソ2杯分の興奮状態
ブルーライトをカットしてくれる老眼鏡
モニターに固定すれば、首を折り曲げる必要なし
どこでもカチッと固定できるマグネット内蔵 iPhone フレーム
肩こりや目の疲れの「耳つぼ」を優しく刺激
現役医師が開発した耳つぼギア
クラウドファンディング(Kickstarter)でも大評判
折り畳んで持ち運べるアルミ製ノートPCスタンド
タブレットを長時間使う人にはこれ
肩や目に負担のかからない角度のタブレットスタンド

 Editor's Note

柿山 丈博
長時間のPC作業で、知らず知らずのうちに肩こりや目の疲労が蓄積して、パフォーマンスが落ちているときがよくあります。

商品選定する上で専門知識が徐々についていったのですが、驚愕だったのが、長時間のPC作業が肩こりや目の疲れの原因ではなくて、私たちの体が間違った姿勢(=悪い姿勢)で長時間仕事ができてしまうことが最大の問題ということ。なので、そもそも疲労が蓄積しないように“正しい”姿勢というものがあり、それを知ると知らないとでは、毎日のことなので雲泥の差だなと思いました。

厚生労働省が発表している正しい姿勢は以下の通りなのですが、実際に心がけてみると、確かにパフォーマンスが向上した気がしました。特にぼくは脚を組んでしまうくせがあるので、しっかりと足裏がつくような椅子に変えてみました。すると、安定した状態が保てて、自然と仕事に集中することができました。

長時間作業に適切な姿勢まとめ
《目》ディスプレイ画面から40~50cm離す。視線は、少し画面を見下げるようにディスプレイを配置する。
《首》前傾しないようにする。肩も力を抜いて、丸くならないように。
《腰》椅子の背もたれに体重をかけられるように調節し、安定感をもたせる。
《脚》安定して足裏が地面につくように調節。脚を組むと、血行不良や姿勢のバランスがくずれる要因になります。

これからもPC作業(最近では “VDT作業”と言われています)に関するお役立ちグッズ & 情報を深堀りしていきたいと思います!

お客様のカートにまだ商品はありません。