HOME > コーヒーをおいしくいただく3つの秘訣《Story》
MONOCO JOURNAL

コーヒーをおいしくいただく3つの秘訣《Story》

いつもの豆とフィルターとカップで簡単に



秋はなんだかコーヒーがおいしく感じられる季節。今回は自宅で簡単に、おいしく、コーヒーをいただける秘訣をお教えします。いつものコーヒー豆やコーヒーフィルター、カップへのちょっとした心配りで簡単においしくコーヒーをいただく3つの秘訣です。

①コーヒー豆の購入は必要な分だけ少量で。保存は常温保存が基本



冷蔵庫や冷凍庫の中で買ってきたコーヒー豆を保存してる人も多いはず。でもこれはせっかくのコーヒー豆の香りを台無しにする保存方法。コーヒー豆の保存はしっかり密封容器に入れて、常温保存が基本です。実は焙煎されたコーヒー豆には小さな穴が無数にあり、冷蔵庫や冷凍室の湿気や匂いを吸い込んでしまうのです。逆を言えば、いらなくなったコーヒー豆は冷蔵庫や冷凍庫の防臭剤として最適。試してみてください。
コーヒー豆の購入は必要な分だけ少量で。保存は常温保存が基本。ぜひ覚えておいてください。



②コーヒーを淹れる適温は93℃。20秒蒸らして、3分かけて淹れるのが基本



コーヒーを淹れる適温は93℃。環境にも左右されますが、沸騰したやかんを火から離し、45秒ほど放置したくらいの温度です。
まずは焦らずコーヒーフィルターのふちギリギリのところに少量のお湯を注ぎます。ここでじっと20秒蒸らします。あたり一面にコーヒーの香ばしい匂いが立ち込めるはず。
20秒じっくり蒸らしたら3分間かけてじっくりと淹れていきます。ゆっくりと細く、お湯を置いていくイメージ。とても贅沢な時間。



③カップ、スプーンを温めておくことを忘れないで!! 
 



せっかくおいしく淹れたコーヒーも冷めたカップに入れ、冷めたスプーンを使っては台無し。一気に冷めて、せっかくの香りがなくなってしまいます。必ずカップ、スプーンを温めておくことを忘れないでください。
保温機能があるカップやタンブラーでコーヒーをいただくのもひとつの方法。いつまでもあたたかく、香り豊かにコーヒーをいただけます。時間の流れをいつもゆったりと感じながらコーヒーをいただく贅沢。おすすめですよ。





3つの秘訣、是非試してみてくださいね。

 Editor's Note

鈴木 悌遍
3つの秘訣でいつものコーヒーが驚くほど変わりました。
家族やお友達にも教えて差し上げてくださいね。