HOME > 本物の革と重ねる時間《6選》
MONOCO JOURNAL

本物の革と重ねる時間《6選》

経年変化を楽しむ大人の余裕

薄型財布があなたの生活に寄り添う
普段使いをできる機能性と丈夫さ
鈍く光輝くメッセンジャーバック
使い込むほどに色味が優しく
気品と存在感が同居するエイ革財布
ひとつひとつの模様が際立つ
カードと紙札が入る携帯ケース
使い込むほどに手に馴染む
誰もが目を奪われるエイ革名刺入れ
丈夫なままになめらかな肌さわりに
藍染パイソン革iPhoneケース
経年変化をデザイナーがサポート

 Editor's Note

鈴木 悌遍
自分自身のこれからの人生のに思いを馳せながら、人生と革の経年変化を想像する。なんとも贅沢な時間ですよね。個人的には最近購入したiPhoneに藍染パイソン革ケースを装着させたいと考えています。経年変化を楽しむためにデザイナーさんが精一杯サポートしてくれるとのこと。プロダクトに対する情熱と愛を感じますよね。